誰も信じることが出来ない悲しみから自分が信じてもらえる人間になろうと思い始めた気持ちの変化

今まで、誰も信じられなかった。
「騙し・詐欺・偽物」のようなことに、マイナス感情(悲しみ、切なさ)を抱いていた。

 

マイナスになっていたのは
「裏切る人ばかりだと思い込んでいる」のような解釈(考え方)があったからだった。
そして本当は「見捨てないこと、信じ抜くこと」のような結果を、誰かにしてほしいと期待していた。

 

だけど、これから自分が幸せになっていくために大切な
「味方する、加勢する、支持する」を生み出していくために、

 

世の中、裏切る人ばかりではない。みんな信じ抜くのが怖いのかもしれない。
なら自分から信じてもらえる人間になろう」という前向きな考え方が必要なことで、
このプラスに繋がっている部分があったことに気づいた。

 

それによって
「人に勇気を与えていける自分になれるかもしれない。」が手に入っていく。

 

人はみんな傷つき、信じるのを恐れているのかもしれない。自分もそうだったように。
だからこそ、自分から、「信じてもらえるような人間になっていこう」と思い始めました。

 

これまでの自分が誰も信じられなかったように、
同じように誰も信じられない人もいっぱいいると思う。
そんな人たちに信じてもらえるような人間になっていこう、そういう気持ちの変化がありました。

 

誰も信じられない…

 

ではなく、

 

自分が信じてもらえるような人間になっていこう。


 

1つ1つ、丁寧に、「未処理未消化の感情」を見つけ出して、
そして、最後まで感じきって終わらせましょう!



このエントリーをはてなブックマークに追加 
ページの先頭へ戻る