苦手だと思っていた会話が得意になる可能性に気づけた

※写真はイメージです。

 

夜勤明けで疲れた心を癒すために、サヨナラモンスターをやってから寝ようと思います(^-^)

 

過去の私は苦手な話知らない話になると、相手に苦手なものや知らないことがあるとバレたくないという焦りが出てきて早口になり頭が混乱して余計に焦りがでてきていました。そのため、焦る自分はダメだという気持ちが強くて、人と話すこと自体がとても苦手でした。ひどい時は、話をしている途中で頭が真っ白になることもありました。

 

私の中で、「焦ること」「苦手なこと」「知らないこと」があるのはダメという気持ちが強くあったのですが、サヨナラモンスターで紐解いていくうちにダメなことではなく人間として当たり前にあるものだということに気づきました。
気づきが出たと同時に過去の私に言いたかったことは、
はじめから苦手だと決めつけないで聞いてみたら苦手な話が苦手じゃなくなることもあるよ。知らない話は聞いて自分でも勉強すれば知っていけるよね。だから、焦らなくていいんだよ。大丈夫だからね。」でした。

 

苦手なものを含めて知らないことを知っていくことによって頭が整い、相手の話を冷静に聞くことができるようになって、苦手だと思っていた会話が得意になる可能性が私の中にあると気づいたら嬉しくなりました


 

1つ1つ、丁寧に、「未処理未消化の感情」を見つけ出して、
そして、最後まで感じきって終わらせましょう!



このエントリーをはてなブックマークに追加 
ページの先頭へ戻る