変わりたいのに変われない自分が嫌い!そんな人は

 

変わりたいのに変われない自分が嫌い」と言っている人がいました。

 

ではどうすれば変われるのか。
それは、変われた人の言葉に答えがあるかもしれません。

 

変われた人は「自分に合った方法」を見つけています。

 

他の方法では変われなかったけど、
サヨナラ・モンスターの方法だと変化が起こってきたというMさん。

 

そんなMさんに聴いてみました。

「サヨナラ・モンスター」は気づきのレベルが違う。

 

色んな本読んだり、
調べたけど、どれもしっくりこなかった。

 

だけど、私の場合は他の方法より
気づきのレベルが違う
納得が起きる

 

どうして私の気持ちが変わってきたかというと
それは、この方法だと自分の「中心」に到達できたから。

 

これが「自己理解」なんだって納得しました

こういうことなんです。

 

変われた人は「自分に合った方法」を見つけています。
つまり、「自分に合った方法」は「自己理解が深まる方法」なのです。

 

サヨナラ・モンスターでは、
「自己理解」=「心の癒し」だとお伝えしています。

 

心が傷ついている人は、自分のことをよく喋ります。文章も長く書きます。
聴いてほしい、理解してほしいからです。

 

それを、心の中の小さな自分に対して、自分が行う。
僕の場合は、中卒で、勉強は小学生までなので文章力は酷いものでした。
理解力も、言語化能力も無く、誤解されやすく、自分の気持ちさえわからなくなりました。

 

そこから「書く」を繰り返していくことで、
「自己理解」が深まっていき、少し変化することが出来ました。

 

自己理解が深まっていくと、人は変わっていくのです。

 

変わりたいのに変われない自分が嫌い」ではなく、
変わりたいから自分を好きになって自分を深く理解する」にシフトすれば変われるのです。

 

1回で大きく変わるのではなく、
小さな変化、その積み重ねで大きく変わっていくのです。

 

その積み重ねのたびに自己理解も少しずつ深まっていきます。
深まることで、別の何かが変化し、少しずつ変わっていけます。

 

僕が思うに、「変わる」=「内なる自分と繋がること」だと思っています。


1つ1つ、丁寧に、「未処理未消化の感情」を見つけ出して、

最後まで感じきって終わらせましょう!

新しい考え方・視点」を手に入れることで、

変わっていくことが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る