こちらの「体験談・実績報告・気づき・変化」の記事は、
サヨナラ・モンスターに実際に取り組んだ方たちの、本物の「体験談・実績報告・気づき・変化」です。
本物だからこその価値ある成長を、ぜひ、お読みください。

 

写真はイメージも含まれています。
何もないと寂しいので「無写真の投稿」につきましてはイメージとして写真をセットしています。

体験談・実績報告・気づき・変化記事一覧

平気で嘘をつく者に陥れられて孤立する恐怖から本当のことを暴き出す力が幸せに繋がっていることに気づいた!

※写真はイメージです。話に嘘を混ぜて、嘘の話を作り出して流して、更に、周囲に作り話を信じ込ませる人がいて、自分はそういった人と馬が合いません。気持ち悪いと思うくらい嫌いです。それと同時に恐怖していました。このように強い恐怖を抱いていたのは、陥れられて孤立する恐怖があったのです。小さい頃からそうやって育ってきたからです。本当は、親に「本当のことを明らかにしてほしかった」のです。それがいつまでも来ない...

Read More
誰も信じられなかった悲しみがあったからこそ、自分から信じてもらえるような人間になっていこうと思えた!

※写真はイメージです。小さい時から、誰も信じられなかった。騙す人、詐欺師、嘘つき、偽物などをいっぱい見て育ってきた。そして、悲しみや、この世界に絶望して生きてきました。だけど、今は気持ちが変わってきています。過去、このようにすぐ悲しみや絶望などのマイナスに直結していたのは、「世の中は裏切る人しかいない」と思い込んでいたからです。確かにそういう人をたくさん見てきた。しかし、それが全てではない。自分が...

Read More
「尊重」の欠片もない(人間扱いされない)扱いをされ続けて怒りが湧いたことから気づいたプラスなこと!

「尊重」の欠片もない扱い(人間扱いされない)をされ続けて怒りが湧いたことがあります。しかし、そんなことを行動に移してしまったら人生終わりです。人生が終わりにならないために考え方を変える必要があります。今回、怒りが湧いて苦しくなったのは、「人として、心を無視されて、汚い足でぐちゃぐちゃに踏みにじられたと感じた」からだった。だけど、このことから過去の記憶が蘇りました。「1つ1つの心を、子供の時に尊重し...

Read More
私の会話恐怖症の根底にあったものは母親との会話だった!

今日は夕方まで仕事。やっとゆっくりできる時間ができたので、サヨナラモンスターに取り組んでいます。私は過去、人と会話をする時に恐怖、緊張、焦りがでてきていたのに今はその症状がほとんど消えてなくなりました。なぜ症状がほとんど消えてなくなったのかというと、人に自分の言いたいことを素直に伝えてもいいんだという気づきがあったからです。過去の私は、人との会話を恐怖の対象としてしかみれませんでした。会話自体が恐...

Read More
兄弟との会話の最中に喧嘩になったのは自分に原因があったと思うようになってきた

※写真はイメージです。※今、夜1人でいるのですが、過去を思い出す曲を聞きながら、サヨナラ・モンスターツールに取り組んでいます。(心が落ち着くので気持ちを整理しやすい)ずっと、兄弟との会話の最中に同じようなトラブルが繰り返されていて、それが嫌でたまらなかったのですが、その問題に、マイナス感情(苦しみ)を抱いていました。心がすごく苦しくなっていました。このようにすぐ苦しみのマイナスに直結していたのは、...

Read More
大切な「怒り」の感情を「正しく」「冷静」に使っていけるようになりたい!

サヨナラ・モンスターツールでまた1つ向き合いました。嘘を混ぜて決めつけて断定してくる人に心底ムカついていた。心の傷が刺激されるから「嘘つき」に強いマイナス感情(怒り)を抱いていた。相手が嘘をつくのは自由なんだよ。問題は嘘をついて話を作って、とんでもないことをしてくることなんだよ。その二次的、三次的悪影響が不快だ。だけどこの感情を持っているとストレスになる。それは、「本当のことじゃないから。それを信...

Read More
じゃあ悪人になれば信じてくれるの?

この気持ちの変化は、アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人に参考になるかもしれません。今まで「嘘が混ざっていることで責められる恐怖」を抱いていた。このようにすぐマイナスに直結していたのは、「嘘が混ざっているから陥れられるのは嫌だ」のような解釈(考え方)があったからだった。つまり、自分でもう陥れられるって決めていたんだって気づいたのです。負けていいやって、自分を差し出したっていいやって。そう思...

Read More
dummy
自分なんて生きている価値がない…無価値な扱いを受けた悲しみから「やりがいがあるから楽しめる」ことを見つけた!

今まで、とても長い間、「自分なんて生きている価値がない」という「無価値感」を抱いていました。このようにすぐマイナスに直結していたのは「今の自分は完全にダメ」という解釈(考え方)が心の深い部分にあったからだとわかりました。そして本当は「そのままでいいんだよ。今のままで十分価値があるよ」と親から言って欲しかったのです。だけど自分には「完全」に関する隠れた能力があることが少しずつ分かってきたのです。完璧...

Read More
緊張せずスムーズに応対が出来て喜んでいたMさん

サヨナラ・モンスターに取り組んでいるMさんから報告をいただきました。新しい場所でのやり取りが恐怖で何を言っていいかわからなくて困っていたMさんは、サヨナラ・モンスターのツールで、「失敗しても大丈夫だよ安心して行っておいで」という気持ちを自分に対して持てるようになったことで恐怖が減り、本日スムーズに応対が出来て喜んでいました。素晴らしい変化☆自分が自分の親となり、心の中の小さな自分に安心を与えたので...

Read More
は?ダブルバインドにかけられて精神的に追い詰められて良かった!?どうして?

過去に兄弟からダブルバインドにかけられて、でっち上げられ続けたことがあります。そのことが死ぬほど嫌で、苦しくて、深く傷つきました。しかし、サヨナラ・モンスターに取り組んでいくことで大きな気づきが起こり、今、過去のことが良かったと思えるように変わりました。つまり、トラウマの一部がトラウマではなく成長に変わったのです。PTSD(Post Traumatic Stress Disorder =心的外傷後...

Read More
汚い嘘で陥れられすり替えられてきた苦しみにはメリットがたくさん隠れていた!

「すり替える人」がずっと嫌でした。自分の悪いことを隠すためにすり替える人にすり替えられたこともあります。そして、すり替えた者の「汚い嘘」を信じる人もいて、深く傷つきました。「嘘」や「すり替え」が恐怖でずっと苦しかった。だけど、この苦しみに終わりが来たのです。なぜかというと、ずっと「すり替えられること」や「嘘で陥れられること」のマイナス面しか見ていないことに気づき、そして「メリット」に気づいたからで...

Read More
心の整理がついてきたTさま

サヨナラ・モンスターに取り組んでいるTさまからメールを頂き、その中の一部を皆様にもご紹介させていただきます。(Tさまから許可を頂いています)そのメールの一部がこちらです。菅原さんが言われるように「ダメじゃないをダメと言われて、私ってダメなんだ」と思っていた自分がいたことに気づかされました。どうして、あの時ダメって言ったの?どうしてあのままの私じゃダメなの?って泣きました。〜省略〜いつも、すぐにお返...

Read More
無価値だと扱われた気がした悲しみから尊重し合える良い関係が築ける自分になろうと気持ちが変化!

パートナーが自分の話よりも有名人のことを褒めることが度々あり、何度もそのことにムカついていました。そのたびに「無価値感」のようなマイナス感情を抱いて、打ちのめされたようなそんな気分でした。このようにすぐマイナスに直結していたのは「自分のことを否定した気がして無価値だと扱われた気がした」のような解釈(考え方)があったからだった。実際は、ただ有名人を褒めただけであって、自分のことを無価値だと扱ったわけ...

Read More
闘うことは悪いことだと思って苦しんでいたけど大切な家族を守るために愛情をもって闘える自分になろうと気持ちが変化!

小さい頃から、母親に「他人に優しくしなさい。他人に何かされても仕返しをしてはダメ。」と言われて育った。この価値観が私の中に深く根付いていて、精神的な攻撃をされても何もせず、ただ黙っていた。私が我慢をすればいいんだという自己犠牲。もし、私が誰かに攻撃をされた時に闘って身を守ったとしたら、母親は私を非難するかもしれないという思いが恐怖に変わり、人に対して危害を加えてはいけない、闘うことは悪いことだと思...

Read More
指を凝視されることへの恐怖が減っていった理由は自分には愛や思いやりが足りなかったことに気づいたからだった。

過去に親に指を見られると不快で恐怖だったことがある。過去に指を凝視され続けたのが、ものすごく嫌だった恐怖、恐怖、恐怖だった。親には、嫌なことから守ってほしかった、肯定され、認めて欲しかった。そんな思いがあった。だけど気づいたんだ。相手は嫌がらせをしているわけではなく何か相手なりの理由があったのかもしれないって。嫌がらせだと決めつけていた自分の心が汚れていたって。自分に足りないのは人を喜ばせる気持ち...

Read More
無価値な扱いをされて育った心の傷から相手の自由を認める大切さを知った。

無価値な扱いをされて育ったことによる心の傷から、人を支配しない強さを知りました。子供の時から価値が無いという扱いを受けてきました。そして価値が無いと扱われたと感じるたびに傷ついていました。しかし、サヨナラ・モンスターの方法で、自分の価値は他人が決めることじゃないから区別して考えれば良いと知り、相手がこっちのことをどう思うかは相手の自由であるとわかった。相手の自由を認めればよいということですね。人を...

Read More
嘘をつかれることが死ぬほど嫌だった男性の気持ちの変化

パートナーに嘘をつかれることが死ぬほど嫌だった。「嘘は絶対にダメ!悪影響だ!嘘があると温かい家庭を築けない!」と「嘘」に「恐怖」して「嫌悪」していた。そして、「絶対にダメてわけではなく、あとで責任をもつならば一時的な回避のために嘘をついても良い場合もある」「本物、本当、真実嘘によって一時的なメリットがある場合もあるし、一時的な嘘によりプラスになれる人もいる」ということを知り、「自分が間違っていた、...

Read More
【匿名希望・女性】強迫性障害のような状態が少しずつ改善。「回復してきた実感がある」「行動を起こしやすくなった」恐怖克服「サヨナラ・モンスター」の体験談(生の声)

※画像はイメージです。菅原 様日々効果を実感しているので、有難い気持ちでお礼のメールをさせて頂きたいという気持ちと、自分が日々続けていく中で、使用方法など改善している点をご報告したくてメールさせて頂きました。使ってみて、自分にはサヨナラ・モンスターがとても向いていると思い、まだ知らない人にもっと知って気持ちが楽になったらいいなと思うので、個人的な感想ですが、こういうところが良かったので、適切な言葉...

Read More
子供から搾取する親に利用された過去があるから安心出来る家を築き上げていこうと思えた

私のことをどうでもいいと思っている無関心な家族に道具として利用され続けてとても悲しかった。だけどそれは関心を持つ余裕もない大変な家族だった。私は優しい家族で愛にあふれる家族が欲しかった。だから私が不安と恐怖を乗り越えて好奇心を持って安心出来る家を築き上げていくんだ!

Read More
家族から騙された悲しみや苦しみが自分の強さに変わってきた

今まで、家族から騙された悲しみ、切なさなどのマイナス感情を抱いていて苦しんでいました。これが、マイナスになっていたのは、「騙されることは悪いことで辛いことだから悲しい」のような解釈(考え方)があったからだった。そして本当は「本当のことで突き進む勇気」のような結果を親に示してもらうことを期待していた。子供を騙すのではなく、本当のことで突き進む勇気を持ってほしいと思っていた。だけど「本物の強さ」を生み...

Read More
誰も信じることが出来ない悲しみから自分が信じてもらえる人間になろうと思い始めた気持ちの変化

今まで、誰も信じられなかった。「騙し・詐欺・偽物」のようなことに、マイナス感情(悲しみ、切なさ)を抱いていた。マイナスになっていたのは「裏切る人ばかりだと思い込んでいる」のような解釈(考え方)があったからだった。そして本当は「見捨てないこと、信じ抜くこと」のような結果を、誰かにしてほしいと期待していた。だけど、これから自分が幸せになっていくために大切な「味方する、加勢する、支持する」を生み出してい...

Read More
利用や搾取されていたという被害妄想が消えて善用と提供の喜びに変化してきたMさん

旦那が利用や搾取をしようとしているってずっと被害妄想があり、そう思っていました。そこにあった思い込みを見つけました。それは「周りの人間は自分を利用や搾取の対象としてしか見ていない」という利用、搾取などに関する、悲しみ、怒りでした。これは過去の傷です。そこから区別や確認など事実と現実を見る力が増えることで旦那は私を利用したり搾取しようとしていないことがハッキリした。それまでは過去の記憶で今を見ていた...

Read More
嘲笑してくる相手が変わった理由

小さい頃から執拗に馬鹿にしてくる兄弟が気持ち悪く心底嫌だった。そして「馬鹿にすることが死ぬほど嫌だ、悪いことだ」と嘲笑に対して、僕自身も侮蔑感情を持っていたことがわかった。小さい頃は、馬鹿にされた時に親に守ってほしかった。そんな自分に足りなかったのは「感嘆(感心して褒めること)」だったことがわかった。馬鹿にする人は傷ついていて、きっと自分が褒められたりしたいんだと思う。「馬鹿にするような人の気持ち...

Read More
白けらる恐怖、自己無価値感の恐怖が減ってきた!

白けらるのが恐怖でした。白けられたら自分は無価値だと感じ、その自己無価値感に恐怖していたからです。小さい頃から家族にお前はダメな奴だと言われそれがずっと心に残っていたんです。だから無価値だと思われることが怖くて怖くて仕方なかった。だけど、時には、白けられた空気も面白いし楽しいとか、自分をよく見せようとする必要もないし、楽しいから場の空気を柔らかくして満足させられるかもしれないと新しい考え方が少しで...

Read More
「やる気が出ない自分はダメだ…」という自己否定から「自分で自分を認めて充実感を感じる」ことの大切さがわかってきた!

※写真はイメージです。サヨナラ・モンスターツールに今日も取り組んでみたので、その気持ちの変化をまとめます。まず、ずっと「やる気が出ない、自分はダメだ…」という「承認欲求」に関係する、考えや、「空虚」のようなマイナス感情を抱いて生きてきました。そして、今回、ツールで吐き出してみて、見えてきたことが、「やる気がないと認めてもらえないから」「やる気がない人間はダメだ」のような考え方を強く持っていたから、...

Read More
嫌悪感を感じる相手との会話から愛好感を感じれる部分を探してみよう!

※写真はイメージです。一部の人と話すのが苦痛で、強い嫌悪感を抱いていました。話をしているだけで具合が悪くなるほどでした。その一部の人を異常に嫌悪している自分がいることを、よく考えてみたのです。相手の声、しぐさ、声のトーン、相槌を打つタイミング、こちらの話すことを切る、そしてそれを言おうとすると上手く封じ込められる。そしてその繰り返しで頭痛がしていました。つまり、生理的に受け付けないのです。同じ空気...

Read More
苦手だと思っていた会話が得意になる可能性に気づけた

※写真はイメージです。夜勤明けで疲れた心を癒すために、サヨナラモンスターをやってから寝ようと思います(^-^)過去の私は苦手な話や知らない話になると、相手に苦手なものや知らないことがあるとバレたくないという焦りが出てきて早口になり頭が混乱して余計に焦りがでてきていました。そのため、焦る自分はダメだという気持ちが強くて、人と話すこと自体がとても苦手でした。ひどい時は、話をしている途中で頭が真っ白にな...

Read More
家庭内で「人格攻撃」を受け続けたことがあるから「解放する力」が手に入った!

過去に家庭内で、聴いている歌を執拗に馬鹿にされているのに、言い返すと悪人扱いされてそれを周囲に信じ込ませるから、何も言えなくなり、心を封じ込められ続けながら人格攻撃を受け続けた過去の恐怖記憶が中々取れませんでした。これはほんの一部で、他にも色々なことがあり、酷いトラウマだったのに、トラウマさえも自覚がありませんでした。非常に強い恐怖と向き合っていくことで自分が傷ついていたことがたくさんわかってきま...

Read More
「特別になれ」という教育(洗脳)から「普通のすばらしさ」を知った!

ずっと「特別にならなければいけない」という思いを抱えて生きてきました。「承認欲求」も強くて、「無価値感」のようなマイナス感情を抱いていました。「普通」は無価値で、ダサくて、生きている価値もないという考え方を持っていました。どうしてこんな考えを持つようになったのかと言うと、小学生の時に、自分の全てを否定され続け、どんなに頑張っても努力しても認めてもらえず、「特別」だけに価値が有るのだからそれ以外は無...

Read More
「自意識過剰で人の目が気になる苦しみ」が教えてくれたこと。

自分が他人にどう見られるかを考えすぎる自意識過剰で、人の目が気になり、自信も無く、恐怖を抱いて苦しんでいました。今回は、サヨナラ・モンスターツールで、この問題に向き合ってみます。人の目が気になるとすごく苦しかった。自分に自信がないのはわかっていました。自信がないだけではなく、ぼんやりした恐怖もありました。そのぼんやりした恐怖は、長年の、兄弟からの嫌な視線や、期待、押しつけ、決めつけ、それに関する視...

Read More
あの継続的な苦しみを味わいたくない…、この苦しみによって、また1歩自己信頼が深まった。

※写真はイメージです。サヨナラ・モンスターツールでの気持ちの変化です。二度と過去のあの継続的な苦しみを味わいたくない…。あの長期的に渡る地獄のような苦しみ。こう思っていた。だけどこの気持ちに変化が起こっています。「あの苦しみを次味わったら耐えられないから」と自分で決めていたことに気づいたのです。確かにあの時の自分のままなら耐えられないでしょう。だけど、今は違う。成長したから耐えられないとは限らない...

Read More
「自分はおかしい人間」という「強迫観念」が薄くなった方法!自分を信じることが大切!

今日は、サヨナラ・モンスターのツールを使って、意識化出来るようになってきたトラウマの1つに向き合ったので、それをまとめます。まず、僕は、子供の頃、悪いことをしていました。そうしないと生きられなかった。誰も信じることが出来ず、暗闇の中を彷徨って、明日が来ることに怯えて生きていました。そして「とある施設」に送られて、そこで出会った人が、僕のことを真剣に信じてくれた。正しく僕を見てくれたのです。そこでは...

Read More
ページの先頭へ戻る