「汚い家庭を与えられた」という「心の傷」が、「余裕を作ってあげたい」という気持ちに変化した!

「汚いものが嫌いだ」という子供の頃のからの気持ちに、

サヨナラ・モンスターで向き合ってきました。

 

そして、この気持ちにも良い変化が起こってきたので、
ここで、まとめておきたいと思います。

 

俺は、機能不全家庭で育ち、
家庭は、酷いものでした。書けばキリがないほど色々とあり、
その1つが、「家が汚い」というもの。

 

子供の頃の話ですが、誰も掃除をちゃんとしなくて、
あちこちにべたべたしたものがついていたり、
洗濯物も、ちゃんと洗ってもらえず、(当時、二層式洗濯機)
家の中は、ムカデやゴキブリが出ていて、飼っている猫がゴキブリをやっつけて、
それを誰も片づけない・・・。

 

もう、家庭が完全に崩壊していて、
全員、「誰かやれよ」という感じで、誰も良くしようとしていなかった。

 

温かさなんて1つも感じない家庭だった。

 

そして、俺は「潔癖症」になり、
何かに触れたら、すぐに石鹸で手を洗わないと気が済まなくなり、
何度も何度も手を洗っていた。

 

自分自身も、勉強もしていなく、問題解決をしようなど1度も思っていなかった。

 

そんな過去があるので、今も潔癖症なとこがあり、掃除は毎日しないと落ち着かないし、
すぐに掃除機をかけたり、小さなゴミが堕ちているだけで気になってしまいます。

 

だけど、大人になり、自分で生活をするようになって、
「生きるって大変なんだな」ってわかってきたんです。

 

それから、色々な気持ちの変化が起こって、
少しずつ、親の立場で物を考えることが出来るようになったんです。

 

そしたら、気づいたんです。

 

「親は、家を綺麗にすることさえ出来ないほど、既に精神的に疲労していた」ということに。
心はもう既に壊れていた親だったんです。

 

そのことがわかって、
俺は、「本当、申し訳なかった・・」そう心から思いました。
汚くしたくてしていたわけじゃなかったってこと。
限界だった。

 

それなのに、具合が悪くても文句も言わずに仕事に行っていた。
そこに、不器用ではあるけど、確かに家族への愛と思いがあったと俺は確信した。

 

それから考えが変わってきて、じゃあ俺が綺麗にすればいい。任せておけ。そう思いました。
俺がやれば、余裕を作ってあげられる。余裕が出来れば、親の心も軽くなり、良いほうに変わると思う。

 

そんな気持ちの変化が起こってきて、心がまた1つ軽くなりました。
俺は「汚い家庭を与えられた」という「心の傷」があったけど、
それが癒えてきて、「助けてあげられなくて申し訳なかった。俺に出来ることをやっていくからね」と変化した。

 

心の奥にあるモンスターの欠片が、プラスに変わったなと感じています。

 

「汚い家庭を与えられた」という「心の傷」が、「余裕を作ってあげたい」という気持ちに変化した!
(https://sayonara-monster.xyz/post-article.php?id=968)

 

「自己理解」が深まってくると、「他者理解」も深まってきて、親への理解も深まってくる。そして、「理解」が「心の癒し(心の傷と、それをまとめているものが解かれていく)」に繋がることもある。こうして、「モンスター(まとまり)」は小さくなりながら、「プラスな何か」に「転換」されていく。

 

心が傷つくと、強くなれる。優しくもなれる。涙も流れる。泣いた分だけ、更に強くなれるし、幸せに、、近づいていける。「心の傷」って、「人間を、より良くしてくれるものなんだな」って、後になって思える。自分でも気づいていない心の傷ほど、そこに大切な「何か」がある。

 

 


1つ1つ、丁寧に、「未処理未消化の感情」を見つけ出して、

最後まで感じきって終わらせましょう!

新しい考え方・視点」を手に入れることで、

変わっていくことが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る