犬の依存が嫌いだった人。依存はだめだと依存を嫌悪していた。
だけど人の場合は依存することで最悪の状態を防いでいる場合もある。
そして依存を経験するから自立も出来る。その成長のプロセスを経験出来るから意味がある。
という考え方を持ったことで犬の依存嫌いが減り犬への愛着が増えたとのこと。

1つ1つ、丁寧に、「未処理未消化の感情」を見つけ出して、

最後まで感じきって終わらせましょう!

新しい考え方・視点」を手に入れることで、

変わっていくことが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る