利用や搾取されていたという被害妄想が消えて善用と提供の喜びに変化してきたMさん

旦那が利用や搾取をしようとしているって
ずっと被害妄想があり、そう思っていました。
そこにあった思い込みを見つけました。

 

それは「周りの人間は自分を利用や搾取の対象としてしか見ていない」という
利用、搾取などに関する、悲しみ、怒りでした。これは過去の傷です。

 

そこから区別や確認など事実と現実を見る力が増えることで
旦那は私を利用したり搾取しようとしていないことがハッキリした。
それまでは過去の記憶で今を見ていたのでした。

 

そこから良い目的のために上手く使う善用、
相手に役立つように差し出す提供の大切さも知れて、
これが自分の隠れた能力だって気づきました!

 

旦那が私のことを心配して考えてくれている部分にも気づきだし、
旦那に対しても、良い目的のために何かを使ったり、
旦那や生活に役立つよう、考えて何かを提供ができるようになりたいと
そんな喜びが出てきました

 

被害的に利用や搾取されたと思い込んでいた子供から、
自立的に、自分や家族の幸せのために善用、提供をしていきたいという喜びが芽生えてきたのです。

 

利用や搾取の悲しみを深く知った私だからこそ
善用の提供の喜びに繋がってきたのだと思います。


 

1つ1つ、丁寧に、「未処理未消化の感情」を見つけ出して、

最後まで感じきって終わらせましょう!

新しい考え方・視点」を手に入れることで、

変わっていくことが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る