恐怖はプロセスを経験すると消える

「恐怖」という感情は、自分がすべきことを教えてくれている感情です。その恐怖から目を逸らせば恐怖はますます強くなっていく。逆に、その恐怖の中に入っていき、新しいことを知る(プロセスを経験する)ことで恐怖は減っていく。恐怖感情は本当の自分を生きるための道しるべとして機能しています。

 

恐怖感情は、本当の自分を生きるために必要なプロセスを経験させようとしてくれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
ページの先頭へ戻る