感情豊かになるには

約 6 分

「サヨナラ・モンスター」の参加者様から、
「感情豊かになるにはどうしたら良いですか」と、ご質問を頂きました。
その方にお伝えした内容の一部を、他の方にもお伝えしたいと思います。
参加者様の言葉などは●で伏せさせて頂いてます。
まず、お伝えしたいこと。
「怒り」は「感情」ですから、
これは、何も悪いことではありません。
怒りの感情で出るだけのことがあったから、
怒りが出たので、怒っても良いのです。
寧ろ、怒ったほうが良いのです。
怒りを溜めると、爆発しそうになってきます。
そこにさらに蓋をすると、逆に、鬱のようになったり、
何らかの問題が生じやすくなります。
ただ、怒りを感じて、他人にぶつけてしまうと、
問題になってしまうこともあるので、
怒りを、一人の時に、安全に感じきってしまうと良いと思います。
(サヨナラ・モンスターのツールで、整理して、転換すると良いです。)
すると、怒りを感じきると、
悲しみ」に気がつく人が多いんですが、
怒っていた気持ちの裏には、実は悲しみがあったと。
そして、悲しみも感じきって、涙を流してストレスを解消する。
涙を流すと心がリラックスして、ストレスの解消だけではなく、
「混乱や怒りが改善した」という国内の研究結果もあるそうです。
確かに、サヨナラ・モンスターでも、
参加者の方が、涙を流すことで、混乱と怒りが収まったと言います。
僕自身も、この経験があります。
ここまでが「怒り」と「悲しみ(涙)」の感情を感じることをお伝えしました。
すると、自分の悲しみに気がついてあげて、
それを解消させることで、「喜び」の感情が出てくる人がいます。
自己理解が深まった喜びです。それによって、自然と「楽しい」感情が増えたり。
ここまでお伝えしたことが、「怒り」から始まって、
「悲しみ(哀しみ)」「喜び」「楽しみ」です。
並び替えると、「喜怒哀楽」です。
感情はどれも大切なものです。
それがマイナス感情であってもです。
本当の自分の感情を感じないと、滞ります。
滞ると、感情が薄くなっていきます。
感情豊かということは、マイナス感情も含めて、
バランスよく、感じていることです。
このことに繋がるのが、〇〇様が仰っていることだと思います。
感情が、滞ってしまっているのだと思います。
怒りを感じるから、悲しみも感じれて、
悲しみを開放するから、喜びも出てくる、
または、スッキリして楽しみが出てくる。
そして、喜怒哀楽をバランスよく感じることで、再度、循環し始める。
サヨナラ・モンスターでは、そんなイメージで、考えています。
(感情の循環も大事だと)
僕の考えですが、、、
1、感情を自由に使える者は精神的にかなり自立が進んでいる者
2、感情を自由に使えない者は精神的自立があまり進んでいない者
(僕自身も、まだまだ「2」です)
こう考えています。
そして、「1」を「心の管理者」と呼んでいます。
それを〇〇様の言葉にすると、
「●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●」と似ていると思います。
これをまたとある専門家の本に書いてあった言葉に置き換えると、
「これからは感情を娯楽として使っていく時代」だと、僕は考えています。
「ニュートラル(中立・中間)」でいるには、
ありのままの自分を、自然に生きて、「中立・中間」を心掛けると良いと思います。
この状態が、感情に囚われずにすむので、
自然と、感情を使っていく側になりやすいです。
感情は目的達成のための燃料ですから、
燃料の中に入るのではなく、燃料の外側にいて、
目的達成のために使っていく感じです。
人がいない自然な場所なら、
「ニュートラル(中立・中間)」になるのは簡単だと思います。
逆に、人がいるところだと、
「ニュートラル(中立・中間)」でいられなくなると思います。
・喜怒哀楽を感じて、滞りをなくす
(これで本来の自分に近づく)
・「中立・中間」を心掛けて自然になる
(支配せず、支配させず、感情に囚われず、感情を目的達成のために使う)
つまり、〇〇様は、本来の自分の道から逸れた、
または、逸れそうになったのだと思います。
その状態だと、自然と感情も薄くなります。
(感情は目的達成のための燃料なので)
本来の自分の目的に沿って、強く進んでいる時が、一番感情豊かになるのです。
人生は、自分の道を歩んだり、知らないうちに他人の道を歩んだり、
そして、また自分の道の戻ったりの繰り返しです。
他人の道を歩み過ぎると、感情がなくなっていきます。
それを「怒り」が教えてくれることもあります。
●●●●●を始めて、●●●●も増え、
不安や、恐怖など、色々あると思います。
そんな時に、人は、本来の自分の道から逸れやすくなります。
そして、逸れることで、怒りが出てきることもあります。
ですので、僕が思うに、感情を豊かにするには、
滞っている感情を循環させるために、
前記した、、、
怒りを感じるから、悲しみも感じれて、
悲しみを開放するから、喜びも出てくる、
または、スッキリして楽しみが出てくる。
そして、喜怒哀楽をバランスよく感じることで、再度、循環し始める。
このために、怒りを抑えすぎないことが大事だと思います。
もっと、正直に、素直に、どんな感情も大切にして、
認めてあげて、感じきって、消化させると良いと思います。
それが、次のステップに繋がっていくと思います。
どんな感情も最後まで感じきらせてあげれるのは「」です。
自分が自分の親になると、「心の管理者」となり、
「1、感情を自由に使える者はかなり精神的に自立が進んでいる者」に繋がり、
〇〇様が仰っている、
「●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●」に近づけると思います。
> ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
> ●●●●●●●●●●●
上記の「怒りを抑えすぎて」が、
「●●●●●●●●●●●●●」に繋がっているのではないかと僕は思いました。
なので、この滞りを解消すれば、自然と、楽しい感情等が出やすくなるかと思います。
子供は本来の自分を生きているので、
怒りも、悲しみも、自然に感じます。泣く時は泣きます。
なので、滞りがない、または少ないので、感情豊かですよね。
感情豊か」=「自分の感情をありのまま受け入れる」ということかもしれません。
つまり、怒りを抑えたまま感情豊かになることは出来ないのだと思います。
僕の考えを書いてみましたが、参考になる部分があれば使って下さい。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

みんな、この方法で変わっています!

みんな、この方法で変わっています!
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)

購入者専用サイトはこちら

購入者専用サイトログインページ
→ https://sayonara-monster.xyz/