最低20分書くのが理想的!?心的外傷後ストレス障害を専門としているマシュー・タル博士はこう言っている。

トラウマを克服する目的で付属ツールを使用する場合の作業時間は、心的外傷後ストレス障害を専門としているマシュー・タル博士が勧める20分がおすすめです。 心の深層にある情報が大切 トラウマを克服する目的で付属ツールを使用する場合の作業時間ですが、最低20分がおすすめです。その理由ですが、まず、心に変化を起こしていくには「集中した思考」や「変性意識状態になって瞑想的に書き出すこと(ジャーナリング)」が大切です。要は、あなたの心の深い部分にある思考や感情を書くことで表に出していくことが大切なのです。 心の深い部分に気づいて変化させる ジャーナリングは「書く瞑想」と言われているよう、瞑想状態に入ることが大切なポイントです。瞑想によって、普段気…