認知の歪みが治らない人は認知の歪みの修正だけでは足りない!?涙が必要かもしれません。

認知の歪みが治らない人は「認知の歪みの修正だけでは足りない」のだと思います。

 

僕自身、認知の歪みを修正しようと思っても無理でした。頭では認知の歪みの修正が必要だとわかっているのに、なぜか、やる気も起きないし、眠たくなるし、取り組んでみても、当然、自分がやる気ないので成果も上がるわけがないです。

 

そこで、自分で考えた独自の方法が「サヨナラ・モンスター」なのですが、これが驚くほど自分には合っていました。つまり、認知の歪みの修正ではない方向からアプローチすることで、結果として認知の歪みも修正されることに繋がったのです。(まだまだありますけど)

 

この方法によって、大きな気づき、大きな変化、恐怖も大幅に減り、本当の自分の感情をたくさん取り戻せました。(まだまだ残っています)

 

僕が、自分に試してよかった方法をサヨナラ・モンスター購入者の方も実際に試してみたところ、その方にもプラスな変化が起こりました。

 

以下、その方の体験談から一部引用してご紹介します。

認知療法の書き出し方は現在と未来と事象中心だが、ノートは、過去、現在、そして自由欄(自分が書きたければ未来への希望)という時間軸と、味わうべきだった●●●にフォーカスを当てているのが結構じわじわと振り返りに効果を発揮する。特に、3の今までの認知で湧き上がった●●を味わうという項目が認知療法にはなく、ここがかなり味噌だと思う。

 

引用元:強迫性障害のような状態が少しずつ改善。「回復してきた実感がある」「行動を起こしやすくなった」

味わうべきだった●●●にフォーカスを当てているのが結構じわじわと振り返りに効果を発揮

 

●●を味わうという項目が認知療法にはなく、ここがかなり味噌だと思う

 

まさに、ここです。

 

僕の狙いはここも大きな1つでした。

 

僕自身、苦しくて苦しくて、どうしていいかわからなくて、1人で悩み、自分の苦しみを解き放ちたい強い思い、その思いが上記の●●を味わうという部分に自然な流れで繋がっていて、僕はこの方法が効果があったのです。

 

いえ、コレが無いと解けないモノもあるとわかったのです。とても重要なものだとわかりました。

 

それから何度何度も長期間自分に試し続けました。

 

●●を味わい、●●を探し、●●を見つけ、●●を解く。この●●を解くことで、それに付随した認知の歪みが勝手に修正されることがあるのです。そして、認知の歪みが治らない人は「涙」を流すことも必要かもしれません。

 

「涙」は、とても不思議なもので、心の奥にある隠れた感情を浮上させる力があります。泣くことを繰り返していると、それまで浮上してこなかった隠れた感情が浮上してくるときがあります。その感情を感じきると、大きな変化が起こります。

 

「泣き癖がつくからやめろ」という人がいますが、泣き癖ではありません。泣くことで芋ずる式に浮上してくる感情があるのです。それらのグループが消化されればちゃんと泣き続ける日々が終わる時が来ます。何も悪いことではありません。素晴らしいことです。

 

なので、認知の歪みが治らない人はサヨナラ・モンスターを試してみて下さい。実際に取り組んだのに、何の効果もないというのであれば、全額返金を保証しております。僕は、自分に試してよかった方法が、他の方にも役立てれば、こんな嬉しいことはありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加