目を背けて逃げると恐怖が強くなる。恐怖を書き続けると消えていく。

この記事は93回閲覧されました。
目を背けて逃げると恐怖が強くなる。恐怖を書き続けると消えていく。

恐怖は、目を背けて逃げるとどんどん強くなります。

逆に、恐怖を直視して恐怖について書き続けると消えていきます。消えなくても減っていきます。

教材本編「必ずメモしておくこと」から始める

サヨナラ・モンスターの購入者の方で恐怖を減らしたいと思っているのなら、教材本編「必ずメモしておくこと」の作業を、恐怖の情報中心でやってみると良いと思います。まずは自分が恐怖していることに関する心の情報を集めます。この作業をしないことには何も始まりません。

集めた心の情報に働きかけて処理する

集めた自分の心の情報に対して、付属のツール「サヨナラ・モンスター入力」で処理していくのです。

支配に対してものすごく強い不安と恐怖を抱えていた人がいましたが、その恐怖を見事、大幅に減らすことが出来ました。その人は「支配の恐怖」について、教材本編「必ずメモしておくこと」の作業、付属ツールの取り組みで処理、そして、サヨナラ・モンスター教材本編でお伝えしている「知らないから怖い(恐怖を消す簡単な3ステップ)」を実践したのです。

その結果、昔のような異常な恐怖などなく、日常生活に支障をきたす症状も消えました。不安神経症で酷かった人ですが、発作も起きなくなり、強く逞しい心になりました。これが自分の力で自分を変えるということです。人は変わる生き物ですし、変えていかなくては行き詰まる生き物なのです。

あなたが恐怖していること、それを1つ1つ書き出していき、怖がって困っている自分を助ける親になってあげましょう。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

サヨナラ・モンスターを購入する

サヨナラ・モンスターを購入する
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人、誰も頼ることが出来るない人に試してもらいたい方法です。自分の心を救う王道、それはセルフヘルプです。誰も頼れないという人ほど心の傷が深いです。深いからこそ「心的外傷後成長(PTG)」も大きいのです。あなたはダメなんかじゃないのです。これから大きく変わっていく素晴らしい人なのです。

新着記事(読者登録・解除)

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

質問箱

匿名で送信出来ます。いただいた質問に対しての回答は「よくある質問」か「記事投稿」でお答えします。メールでの返信を希望する方は、メールアドレスも記載して下さい。