今の心の苦しみから抜け出したいのなら「本気で自分を更新すれば良い」ということ。つまり、自分の潜在意識(無意識)に複合的に働きかけることで良い変化が期待できる!

この記事を書いた人の保有資格

アンガーコントロールスペシャリスト メンタルケア心理士 うつ病アドバイザー
今の心の苦しみから抜け出したいのなら「本気で自分を更新すれば良い」ということ。つまり、自分の潜在意識(無意識)に複合的に働きかけることで良い変化が期待できる!

アダルトチルドレンの人たちも、機能不全家庭で育って、マイナスの思考の癖(認知の歪み)など、様々なマイナスの癖が潜在意識(無意識)にあります。それが、自分の人生が上手くいかない原因ですから、そこを変えていくことで、良くなっていくのです。一言で言えば「本気で自分を更新する」ということ

「本気で自分を更新する」ためのツールが、サヨナラモンスターの【自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】です。問題を生み出すモンスターを更新するための便利ツールです。このツールを使ったNさま(女性)Nさま(男性)も他の方も良い変化が起こったと言いました。

ツールを使ってみた大阪府・男性・Nさまは、「”それにしつこく邪魔してくるは、それもまたモンスター であったし、だいぶツールを活用させてもらって、ここのまとまりはかなり減りました。”」と良い変化を感じていました。

参加者様たちは、本気で自分を更新しています。(https://sayonara-monster.com/post-1038/

本気で自分を更新することが必要なことだとわかっても、それがなかなかできない。なぜ出来ない、難しいのかと言うと、潜在意識(無意識)レベルで変わる必要があるからです。つまり、潜在意識(無意識)にアクセスする必要があるのです。

サヨナラモンスターの方法は、中々変えることが難しい心の深い部分から変わるために効果的な複数の方法を組み合わせて、複合的に働きかけることで潜在意識(無意識)から変わりやすい方法になっているので、参加者様たちに良い変化が起こりやすいのです。

支配者は絶対に自分を変えようとしません。他人を変えようとします。なので、自分を本気で更新する、成長させる、新しい解釈や視点を手に入れる。こういった大切なことを嫌がってしません。僕はそんな者にメッセージを送っているわけではない。相手にしたくもない。自分を変える人に、伝えています。

支配者と被支配者が、「巧みな嘘」などで、入れ替わっているケースもあります。どっちが本当の支配者かわかりにくい場合もあります。だけど、答えは最後に出ます。支配者は他人を変える者だから、最後まで自分を変えようとしない。1人2人…、と自分を変えだしていけば本当の支配者が露わになる。

支配者の目的は、「支配」と「搾取」ですから、他人を操作し、悪い暗示をかけて、自己否定感を抱かせるように仕向け、そして弱らせ、依存させ、そして奪っていく。支配者では無い人は、ちゃんと自分で自分を育て始めるのです。自分への仕打ちは他者(特に子供やペット等)への仕打ちです。

自分を変えず他人を変えようとする支配者を「相手にしたくない」と思う理由は、たくさんあります。彼らはまず、邪推(他人の心意や行為を悪い意味で推量)するからです。「目的」がそこ(悪く扱うこと)です。その裏は「煩悩まみれ」。だから支配者は悪役というスケープゴートを必要とする。無駄な時間

これに慣れ親しんでいる者は、まず、変わることはないです。よほど衝撃的なことが起こらない限り、変わろうという気さえ持ちません。その者がそう生きることはその者の自由です。だから、自分を変えようとするなら、このような者(支配者)から離れていくことが大切です。離れることは何も悪くない。

1、支配に気づく
2、支配から離れる
3、洗脳を解く
4、本当の自分の感情を取り戻す
5、責任をもって自由になる

簡単に言うと、このようなプロセスが大切です。

「離れる勇気」「逃げる勇気」を持つことも大切なことです。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

みんな、この方法で変わっています!

みんな、この方法で変わっています!
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com