SNSは「海」のようなもので、たくさんの「お魚さん」が泳いでいて、目の前に「餌」が落ちてくるのを待っています。

約 3 分
SNSは「海」のようなもので、たくさんの「お魚さん」が泳いでいて、目の前に「餌」が落ちてくるのを待っています。

餌に食いついた者は逃げられない

SNSは「とても小さな世界」で、「海」のようなものです。たくさんの「お魚さん」が泳いでいて、目の前に「餌」が落ちてくるのを待っています。その餌には「見えない釣り針」が刺さっていることにも気づきません。釣り針が刺さったお魚さんはどうなるか…。手足が無いから逃げれません…。
(稀に、賢く発達したお魚さんもいて、釣り針に刺さらないように、餌だけを持っていく場合もある。その時に、最初にスケープゴートを犠牲にする場合もある)

思考という素晴らしい力がある

お魚さんには手足はありませんが、僕らには手も足もあり、そして「脳」があり、「思考」という素晴らしい力を持っています。サヨナラ・モンスターに参加されている方たちは、「思考停止」から「思考再開」へ切り替えて、成果を挙げています(人間的成長)。

情に流されてはいけない

人間的に成長してきたときに、気をつけないといけないのは、「釣り針が刺さったお魚さんたち」です。彼らは、自分で餌に食いついて引っ掛かってしまったのに(自分の責任なのに)、その「苦しみ」を、平気で他人に背負わせようとします。逃げて下さい。離れて下さい。情に流されずに。

とくに、自分を犠牲にしてきたお人好しで優しい人は、時には、「心を鬼にして相手を切り捨てること」が必要な場合もあると思います。

重要なこと

(餌に食いつき恐怖に同一化した者たち)
仕掛け人が仕掛けた釣り針が、彼らのほっぺに刺さっているようなものですから、仕掛ける側が釣竿を左に振れば、彼らもまた左に動くのです。そう、心理的な奴隷信者となってしまったのです。奴隷から抜け出すには、痛むけど釣り針を抜かないといけない。心の中の小さな自分に心から謝ることが必要です。
(気持ちはわかりますが、、、仕掛け人の所為にしているうちは、心の中の小さな自分を大切には出来ません)

新しい解釈や視点を手に入れることが必要

人間的に成長するためには、「新しい解釈や視点」を手に入れる必要があります。そのために、SNSを見る時は、「海」「お魚さん」「餌」「釣り針」で見て、「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」の両方の視点で見ると良いです。SNSはそういう場です。

与えてもらおうとする側から、与える側になろう!

心の中の小さな自分に、安心を与えてあげましょう!

 

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

新着記事(読者登録)

みんな、この方法で変わっています!

みんな、この方法で変わっています!
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

購入者専用サイトはこちら

購入者専用サイトログインページ
→ https://sayonara-monster.xyz/