世界トップクラスの研究者たちの200以上の調査研究でわかったこと!「○○○な○○」が身体的心理的改善に繋がる!

書くことが癒しになることについて、最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士(社会心理学者)の200以上の調査研究でわかったこと、それが「感情的な文章」が身体的、心理的改善に繋がるいう報告がされているとのことです。まず、下記の引用文をお読み下さい。ハーバード大学の関連サイト、ハーバードビジネスパブリッシング(HBP)の記事からの引用です。 癒しの道具として書くことのこれらの効果は十分に文書化されています。テキサス大学オースティン校の社会心理学者であるJamesPennebakerは、1986年に、ある種の文章がメンタルヘルスに与える影響を研究しました。それ以来、200以上の調査研究で、「感…