自分に対する不安がいつの間にか自分に対する希望に変わっていた(男性・東京都・Hさま)

この記事は794回閲覧されました。

メールが届いていない」というご購入者さまは、
迷惑メールフォルダ」にメールが振り分けられていないかご確認下さい。

サヨナラ・モンスターのモニターさまの体験談です。

男性・東京都・Hさま

 私が、長年において苦しめられて来た事、それは「人前で話すと頭が真っ白になってしま
う事」でした。それについて、「サヨナラ・モンスター」の「恐怖を消す簡単な3ステップ」で真剣に取り組んだ結果を以下にまとめました。

【1、書き出す】
●「人前で話すと頭が真っ白になってしまう事」について:
・高校生になり、地元の友達が1人もいなくなり、本当に心を許せる友達がいなくなったことと、当時のクラスメイトが軽いイジメのような仕打ちを自分以外のクラスメイトに仕掛けてくることがあり、その矛先が自分に来ないかどうか、毎日緊張して学校に通い、その時期あたりから人に本心を打ち明けるのが怖くなり、周りの目を気にしながら出来る限り1人で過ごすことが増えた。
・1人で過ごすことが増え、大人数で過ごす機会も減るにつれて、人前に立って自分の言葉で話すことが怖くなったと思う。
・何か目立つような事をして、皆んなに受け入れて貰えなかったら、自分が虐められてしまう。そういう思考があったと思う。
・社会人になっても、人前で話す機会があると、なるべく辞退したり、どうしても逃れられない時は、命辛々その役目を果たすとともに、終わった後になんでこんな事も出来ないのかと自己嫌悪に陥ったりしていた。

【2、知り尽くす】
●「人前で話すと頭が真っ白になってしまう事」について
・中学生位までは、他人に対して優越感を持っていたので、人前で上がることはほぼなかった。他人より優越感を感じていると調子良く振る舞える。→「優越感」自分にとって人前で話す原動力?
・話す内容がそもそもまとまっていないので、人前でなくても話せない。→準備不足
・そもそも話す事自体が好きではない。
・社会人になって、人前で話す時は、与えられた役割・立場から話す機会が多く、そもそもその役割をいやいやこなしているから、話したい事なんかない。

【3、さらに知り尽くす】
●「人前で話すと頭が真っ白になってしまう事」について
・自分が腑に落ちていない内容を話そうとしても話せないので、腑に落ちている内容だけを話す。
・話す自分がどう見られているかが気になるのが一番の問題だと分かったので、「自分がどう話しているのか」を、自分で録画して見てみる。まずは、自分が話している自分を好きになる。
・S N S・ブログで学び(インプット)を発信(アウトプット)し、自分を更新し続ける。

今回、「サヨナラ・モンスター」をやって感じたこと。それは、誰かに強制された訳ではなく、「自分で自分と本気で向き合った」ことで、本当の自分に気付かされました。「サヨナラ・モンスター」をやって、すぐに変わる事、変わらない事とあると思いますが、継続して自分を信じて本気でやれば、必ず変われると思います。
私自身、変化を感じた事は、今まで出来なかったこと、気にしていたことの問題がクリアになって、自分にとって手に追えないと思っていたことが、実はそんなに手に追えないことではなく、絡まった毛糸を丁寧に解いていけば、より自分らしく、生きやすい人生を送っていける、と確信しました。そのための手法も図解とともに、何パターンも提示されており、様々な点からアプローチできる点が大変良かったです。
変わったこと
漫然と感じていた自分に対しての不安をどんどん書き出していくことで、自分とどんどん深く向き合っていくことができた。書き出したことについて深掘りして、紙の上で結論に至ると、自分に対する不安がいつの間にか自分に対する希望に変わっていた。「俺なら出来る」というポジティブな思い込みも大事だと思った。
いくつか改善点をあえて挙げるとするならば、個人的にはページ数が少し多いかなと感じてしまいました。視聴者に語りかける口調なので、ページ数の割りに読み進めるのは苦でないですが、読書習慣の無い人には根気がいるかもしれません。何度も同じ事を繰り返し語りかけるのではなく、章ごとに「まとめ」があった方が、個人的には脳に残りやすいかなと感じました。
また、目次を見れば、内容の大枠を把握することは可能ですが、【「テキストの中に挿し込まれている図(恐怖を消す簡単な3ステップの挿入図など)」の一覧】を最初か、最後にあると、内容と大枠を同時に理解しやすいかな、と思いました。
最後に、個人的な意見を書かせていただきましたが、心理的トラウマを持つ人の心に寄り添ったとても意義のあるテキストだと思います。「サヨナラ・モンスター」の更なる発展をお祈りしています。
以上で、レビューとさせていただきます。

自分に対する不安がいつの間にか自分に対する希望に変わっていたという、ポジティブな心理的変化、、、素晴らしいことだなと思います。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

本記事を読んで、疑問や質問があれば「質問箱」からお気軽に送信して下さい。記事投稿(このサイトに回答記事を投稿)にて回答させていただきます。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つのうち0.0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。


このサイト全体のレビューを読む(みんなのコメントあり)

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

本記事でお伝えした考えについて、あなたの意見や洞察をお聞かせください。あなたの考えを共有することは(例えばここにレビュー投稿することも)、自己理解と自己表現のための重要なステップであり、アウトプットの習慣を形成するのに役立ちます。さらに、あなたの意見は他の読者にとっても有益な参考資料となり得ます。

記事を読んだ後、あなたのフィードバックをいただけると幸いです。あなたの見解、感想、学び、そしてこの記事があなたの考えや感情にどのように影響を与えたかをお聞かせください。あなたのアウトプットは、他人が自己理解の旅を進めるための重要な資源となります。

アウトプットの癖をつけていきましょう! 自己理解と自己成長の旅を一緒に進めていきましょう。

レビュー本文に質問を入力することは可能ですが、こちらからの返信に対してのあなたからの返信は不可になります(一往復)。僕が回答した後の追加の返信はできません。つまり、一つの質問に対して一つの回答しかされない、ということです。それを理解した上でご質問があれば投稿して下さい。

※購入者の方は、必ずログインをしてレビュー投稿して下さい。商品に対してのレビューの場合、購入者であることを確認出来ない場合、非掲載とさせていただきます。

サヨナラ・モンスターを購入する

サヨナラ・モンスターを購入する
ご訪問者さま、

僕は常に、自分自身や周りの人たちを成長させるために新しいことを模索しています。しかし、時には僕自身が抱える問題が、僕自身の邪魔をしてしまうことがあります。それが「モンスター(心の深い部分にある纏まり)」です。

モンスターは、僕たち人間の内面に潜む、さまざまなネガティブな感情や思考を含めた心の情報の纏まりのことを指します。これらのモンスターが僕たち人間の人生を無意識のうちに支配することがあるかもしれませんが、僕はそれを変えることができます。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自分自身のモンスターと向き合い、それらを克服するための方法を提供するセルフヘルプ教材です。この教材を通じて、あなたは自己啓発や心の知識を深め、自己成長に向けたプロセスを開始することができます。

この教材は、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめています。色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人、誰も頼ることが出来るない人に試してもらいたい方法です。自分の心を救う王道、それはセルフヘルプです。

誰も頼れないという人ほど心の傷が深いです。深いからこそ「心的外傷後成長(PTG)」も大きいのです。あなたはダメなんかじゃないのです。これから大きく変わっていく素晴らしい人なのです。あなたが自分自身を理解し、自分自身と向き合い、そして克服することをPDFファイルと付属ツールで手助けします。この教材によって、あなたはモンスターに支配されることなく、自分自身を取り戻し、人生を自由に生きることができるようになるでしょう。

セルフヘルプという性質上、僕から購入者さまに直接働きかけることはしませんが、いただいた質問メールなどには必ずご返信をさせていただいておりますので、わからないことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自己成長や克服を目指すために必要な情報を提供します。このセルフヘルプ教材を手に取り、あなた自身のモンスターと向き合い、人生を変える第一歩を踏み出してください。

今すぐ6年間もの集大成とも言える情報を詰め込んだ「サヨナラ・モンスター」を手に入れて、自分自身を変える旅を始めましょう。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

サイト内検索