指を凝視されることへの恐怖が減っていった理由は自分には愛や思いやりが足りなかったことに気づいたからだった。

この記事は1146回閲覧されました。
指を凝視されることへの恐怖が減っていった理由は自分には愛や思いやりが足りなかったことに気づいたからだった。

過去に親に指を見られると不快で恐怖だったことがある。
過去に指を凝視され続けたのが、ものすごく嫌だった
恐怖、恐怖、恐怖だった。
親には、嫌なことから守ってほしかった、肯定され、認めて欲しかった。
そんな思いがあった。

だけど気づいたんだ。
相手は嫌がらせをしているわけではなく
何か相手なりの理由があったのかもしれないって。
嫌がらせだと決めつけていた自分の心が汚れていたって。

自分に足りないのは人を喜ばせる気持ちや、
相手を思いやる気持ち。

愛が足りなかったのは自分だった。
恐怖の感情はそのことを教えてくれていた。

すごい気づきです。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

サヨナラ・モンスターを購入する

サヨナラ・モンスターを購入する
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人、誰も頼ることが出来るない人に試してもらいたい方法です。自分の心を救う王道、それはセルフヘルプです。誰も頼れないという人ほど心の傷が深いです。深いからこそ「心的外傷後成長(PTG)」も大きいのです。あなたはダメなんかじゃないのです。これから大きく変わっていく素晴らしい人なのです。

質問箱

匿名で送信出来ます。いただいた質問に対しての回答は「よくある質問」「記事投稿」でお答えします。メールでの返信を希望する方は、メールアドレスも記載して下さい。






    新着記事(読者登録・解除)

    コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

    *

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    サイト内検索