恐怖は「過去の学習の結果」作られたもの

この記事は1958回閲覧されました。
恐怖は「過去の学習の結果」作られたもの

恐怖の殆どは、想像、妄想によるものです。つまり、過去の学習の結果」ですから、学習し直せばよいのです。知るべきことを知れば良いのです。自分で自分を理解し、知るべきことを見つけ、それを知り尽くす。すると恐怖が消えて、新しい能力となります。

無意識のうちに浮かんでくる恐怖感情、恐怖に関する自動的な〇〇、それらは「心の深い部分にあるまとまり(モンスター)」から生み出されています。ですので、根本解決をしたいのならば、その「まとまり」を変えることが必要です。

そして、この「まとまり」は、自分のやるべき課題でもあります。それを1つ1つクリアしていくと「何らかの能力」となります。ですから、真正面から自分と向き合い、痛みが伴うこともありますが、それでも向き合って自分を救い出すことが大切です。

「恐怖感情」というのは、自分を守るための味方の感情ですが、もっとすごいのは「恐怖は本当の自分の道を知っている」ということです。恐怖があるから、知るべきことを知れる。それを知ることで進める道があるのです。

「サヨナラ・モンスター」は、そのための教材です。付属のツールは、恐怖を減らしていくために役立つツールです。前記したように、「恐怖は、過去の学習の結果、強まってしまう感情」なので、新しく学習し直していけば、恐怖が増えにくい自分になれるのです。あなたが恐怖を減らしたいと思うのなら、恐怖していることについて、学習をし直せば良いのです。

付属の【自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】は、その為にも役立ちますし、認知の歪みの修正にも役立ちます。恐怖は、あなたが知るべきこと、それを教えようとしてくれているのです。ですから、自分のためにそれを知っていくと良いのです。

次の文章からも、恐怖を減らすための大切さがわかりますので読んで下さい。

ある人に、「デマ流し加害者(悪い噂を作って流したいた者)」をネット上で見てもらっていました。ある人とは、デマ流し加害者が使うあの手口に恐怖している人です。これもこの人の恐怖を減らすために役立っています。恐怖は知らないから怖い、知ってしまえば消えます。デマ流し加害者を知り尽くすことで、その人の恐怖も減りました。

手口の詳細、書き続けていたデマ、そして明らかになったのにあのバタつき、無責任さ。事実に嘘を混ぜる手口、歪曲部分、知れば知るほど、「私はこんなやつに恐怖していたのか…」と、過去の学習(恐怖)に対し、「健全な再学習」が出来るのです。恐怖は過去の学習の結果です。

過去の学習:「あの手口を使う恐ろしい魔物」
今の再学習:「嘘つきで無責任で幼稚な愚かな者」

このように「再学習」することで、
「恐怖する理由がなくなる」ということです。

恐怖が酷い人は、過去の学習の結果身に着けたもので今を見ているのです。解釈や視点も、更新されていません。

上記のこと、これ、恐怖症の人は覚えておいて欲しいです。要は、影に怖がる子供が、「影とは何か」を知ったら、恐怖が消える。それと同じことです。人は知らないから怖がる。そして妄想して恐怖を強めるのです。知るを放棄すれば、ますます妄想と恐怖が強くなるのです。「最高の薬」は「知ること」です。

恐怖症になっている状態は、「知るべきこと」を「全然知れていない状態」なのです。それを薬などで誤魔化しても、本当の解決は出来ません。恐怖に突入し、知り尽くせば、恐怖は消えていくのです。これはイメージの中でも効果があります。だから「書くこと」でも、恐怖を減らせるのです。

最強ボクサー井上尚弥氏は、テレビか何かで、「”はじめて試合をしたのは6年生で、恐怖しかなかった”」と語っていました。そして、初試合に挑み、恐怖に突入し、知り尽くす経験によって、「不思議と恐怖はなくなっていた…」とのこと。恐怖は、それがどんなものかを知り尽くせば勝手に消えます。

サヨナラモンスターのように、「書く方法」だと、安全に、リスクなしで、恐怖を減らしていけます。実際に取り組んだ方の中で、最初は疑っている人もいましたが、「確かに恐怖が減りました」と、恐怖を減らすことに成功しているのです。恐怖の元に関する情報に対し、知り尽くせば効率が良くなります。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

サヨナラ・モンスターを購入する

サヨナラ・モンスターを購入する
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人、誰も頼ることが出来るない人に試してもらいたい方法です。自分の心を救う王道、それはセルフヘルプです。誰も頼れないという人ほど心の傷が深いです。深いからこそ「心的外傷後成長(PTG)」も大きいのです。あなたはダメなんかじゃないのです。これから大きく変わっていく素晴らしい人なのです。

質問箱

匿名で送信出来ます。いただいた質問に対しての回答は「よくある質問」「記事投稿」でお答えします。メールでの返信を希望する方は、メールアドレスも記載して下さい。






    一言感想箱






      感想(改善要望でもOK)を一言でも良いので送信していただけると有り難いです。
      皆様から頂いた感想はブログで紹介させていただいたり、サヨナラ・モンスターの改善に役立てていきます。

      新着記事(読者登録・解除)

      寄稿者情報

      菅原隆志
      保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

      ・メンタルケア心理士
      (メンタルケア学術学会認定)
      ・アンガーコントロールスペシャリスト資格
      (一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
      ・うつ病アドバイザー
      (一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

      【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

      運営者の氏名:
      菅原隆志

      所在地:
      北海道深川市納内町字納内3205-2

      電話番号:
      07027959293
      (お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
      (メールにてお問合せ下さい)

      メールアドレス:
      support@sayonara-monster.com

      コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

      *

      CAPTCHA


      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

      サイト内検索