私の会話恐怖症の根底にあったものは母親との会話だった!

この記事を書いた人の保有資格

アンガーコントロールスペシャリスト メンタルケア心理士 うつ病アドバイザー
私の会話恐怖症の根底にあったものは母親との会話だった!

今日は夕方まで仕事。
やっとゆっくりできる時間ができたので、サヨナラモンスターに取り組んでいます。

私は過去、人と会話をする時に恐怖、緊張、焦りがでてきていたのに今はその症状がほとんど消えてなくなりました。

なぜ症状がほとんど消えてなくなったのかというと、人に自分の言いたいことを素直に伝えてもいいんだという気づきがあったからです。

過去の私は、人との会話を恐怖の対象としてしかみれませんでした。会話自体が恐怖の対象だから、人と会話をすると緊張して上手く話せないために焦りがでてくるといった感じで人との会話が苦痛で仕方ありませんでした。

なぜ、会話が恐怖の対象だったのかというと母親との会話が怖かったからです。「学校で必要なものがあるから買ってほしい」ということさえも恐怖が先立って緊張してしまい、母親に伝えるのに一苦労していました。
母親との会話が恐怖だった理由をサヨナラモンスターで紐解いてみると、私の言いたいことを抑圧されていたからだと気付きました。母親は気分の浮き沈みが激しく、機嫌が悪いこともしばしばで、そんな状態の母親に何かを話すということが会話に対する恐怖に繋がっていたのです。
このことに気づいた時に、自分に対して「自分の言いたいことは素直に伝えていいんだよ」と伝えたら、心が軽くなりました。言いたいことがあるのに上手く言えない自分に対するもどかしさや会話上手な人と比べて劣等感が強くなったりして苦しかった心がまた一つ解放されたのです。

私にとって恐怖の対象だった会話が少しずつだけど、楽しいと思えるものに変わってきたことを実感しています。会話恐怖症だった私だからこそ、人と楽しみや喜びを分かち合える会話ができる人間に変わっていけるんだとも思っています(^-^)

気づきが増えた分だけ本当の自分に近づいていってるなぁと実感の毎日です。サヨナラモンスターに出会えて本当に良かった!

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

みんな、この方法で変わっています!

みんな、この方法で変わっています!
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com