【心の深淵にある未解決問題】自分の力で自分の答えを出そう!:自身の問題を解決し、成長に繋げるための5ステップ

この記事は225回閲覧されました。

メールが届いていない」というご購入者さまは、
迷惑メールフォルダ」にメールが振り分けられていないかご確認下さい。

この記事の目次

自分の力で答えを見つけるために向き合う

自分の力で自分の答えを出さないで生きてきた人は、心の中に未解決問題と、未処理未消化の感情を沢山抱えています。そしてそれが自分の心の足枷となっていて、次に進めなくなっていることがあります。そしてそれを一部の人たちは「誰かがやってくれる」「誰かが救ってくれる」とあり得ないことを思い込んで期待して、自分の貴重な時間を無駄にして過ごしていることもあります。

サヨナラ・モンスター:心の問題を解決する方法

サヨナラ・モンスターは「自分の力で自分の答え出すための方法」でもあります。解くべき自分の心の問題は自分の無意識にあります。それが「モンスター(心の情報の纏まり)」です。これとサヨナラするということは解くということです。僕の場合は、機能不全家族のもとで育ち、その中で沢山の嫌なことがありました。勿論、自分にも悪い部分もあります。それらを全て明らかにして、何が起きていたのか、何故自分は酷い症状が出るようになっていたのかなど、ほぼ全て、自分で答えを出しました。嘘偽りなく真実と事実をもとにして向き合って正しい答えを出しました。

自己成長への道:過去と向き合い成長する

その結果、「深い納得」が起こり、過去の家族との関係は「終わったこと」になり、更にはその経験をして深く傷つき続けた過去から、心理的成長に繋がる材料を沢山発見し、トラウマは心的外傷後成長(PTG)に繋がりました。心の問題を解いたことで、心の問題解決力が身につき、得るものを得て、心理的な成長を得たのです。温故知新(故きを温ねて新しきを知る)ということわざがありますが、自分の過去を温めて、新しい視点や解釈などを知ったのです。その過程で大きく成長したことで、家族との関わりを断つことも出来て、自分にとって害になる存在たちとの関わりを終わらせることが出来ました。その結果、天涯孤独のような状態になりましたが、スッキリしました。

勇気を持って有害な関係を断ち切る

人は誰もが親の愛、家族の愛などにしがみつきます。だから無理をしてでも、自分を押し殺してでも繋がっていようとします。それが害になる相手であっても繋がりを切ることは難しく、血の繋がりがあると心理的に切ることが難しい場合があります。それでも自分に害になるものを断ち切るということは勇気も必要です。それが出来るのは、心の中の小さな自分の親となり、それを守ろうとする心を持つからです。もう二度と自分を裏切らない。自分を見捨てない。そう思えるようになると、親族間で1人になったとしても、それが有害な心理的な虐待環境なら、不要だと判断して切り捨てることが出来ます。自分を有害な心理的な虐待環境においておくことはある意味、自分への虐待です。そんな自分を救うために、有害なものから自分を離れさせるということは心の中の小さな自分の親として当たり前のことです。僕の場合は、このような答えを出すために自分と向き合い、2011年頃から自己認識を始めて、最後の確信、決断につながったのが2020年でした(親の死をきっかけに)。

※ここから下はChatGPT4.0を活用した書いた文章になります。

この記事では、※本記事は「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。画像出典:Leonardo.ai ※画像はAIで生成したイメージです。

はじめに

自分の力で自分の答えを出そうという考え方は、現代社会で非常に重要な能力です。適応力、問題解決能力、自己啓発など、これらすべてが一つの答えを見つけるためのツールとなります。特に今回の記事では、この自己解決力の重要性に焦点を当て、一人ひとりが自分自身の問題を解決し、自身の成長につなげるための手順を紹介します。

1-1. 自己解決力の重要性

自己解決力とは、自身が直面する問題や困難に対して、他人に頼らずに自分の力で解決を導き出す力のことを指します。これは、自己啓発のための基盤とも言える能力で、この力があれば生涯学習や自己成長に大いに役立ちます。この自己解決力を持つことで、何か問題が発生した時、外部からの助けを待つのではなく、自分自身で答えを見つけ、行動を起こすことができます。

1-2. この記事の目的

この記事の目的は、「自分の力で自分の答えを出そう!」という考え方を具体的に体現するための手段を提供することです。記事を通して、自身の問題を自分自身で解決する手順や、その過程で遭遇するであろう困難に対する対処法、そして自己成長へとつなげる方法を学びます。

1-3. 進むべき5ステップの概要

記事では、自己解決力を向上させるための5つのステップを紹介します。それらは、「自分の力で答えを見つけるために向き合う」、「サヨナラ・モンスター:心の問題を解決する方法」、「自己成長への道:過去と向き合い成長する」、「勇気を持って有害な関係を断ち切る」、そして「自己認識の重要性と個人の成長」についての理解です。これらのステップは連携して動き、一つ一つのステップが前後のステップと相互作用します。これらのステップを通じて、自分自身の問題を解決し、その結果として自己成長を達成することを目指します。

自分の力で答えを見つけるために向き合う

「自分の力で自分の答えを出そう!」という思考法は、何よりもまず、自分自身と向き合うことから始まります。そのためには、以下の3つのステップが必要となります。

2-1. 未解決問題と未消化の感情の存在を認識する

多くの人が心の中に未解決の問題や未消化の感情を抱えています。これらは心の足枷となり、前に進むことを阻んでしまいます。ここで重要なのは、自分自身がこれらの問題や感情を持っていると認識することです。著者が指摘しているように、これらの未解決の問題や感情は、無意識のうちに自分自身の進むべき道を遮ってしまう可能性があるのです。

2-2. 「誰かがやってくれる」考え方を捨てる

次に、自分の問題を他人に押し付ける「誰かがやってくれる」という考え方を捨てることが必要です。著者も指摘しているように、これはあり得ない期待であり、それに依存することで自分の貴重な時間を無駄にしてしまいます。自分の力で自分の答えを出すためには、問題を自分で解決する姿勢が必要です。

2-3. 自分の時間の価値を認識する

最後に、自分の時間の価値を認識することです。自分自身の時間を他人や不必要な事に浪費するのではなく、自分の成長や自己解決に費やすべきです。これは、著者が述べている「自分の貴重な時間を無駄にして過ごしていることもあります」という点に直接関連しています。自分の時間は限られており、それをどのように使うかが自己成長に直結するのです。

サヨナラ・モンスター:心の問題を解決する方法

自己成長を目指し、自分の力で自分の答えを出すための方法を著者が表現する「サヨナラ・モンスター」について説明します。

3-1. 自分の無意識のモンスターとは何か

著者が「モンスター」と呼ぶものは、「無意識下にある未処理未消化の心の情報の纏まり」です。これは心の問題や過去の傷など、私たち自身が認識していない無意識の部分に存在します。これらの「モンスター」は私たちの行動や感情に影響を与え、生活を複雑にしてしまうことがあります。

3-2. 自分の過去と真実を明らかにする

「モンスター」に向き合うためには、自分の過去と真実を明らかにする必要があります。これには、自分がどのような環境で育ち、どのような経験をし、それらが自分の現在にどのように影響しているのかを理解することが含まれます。著者は自身の過去を振り返り、事実を正直に受け入れることで、自身の「モンスター」に対して直視し、その解決の答えを見つけ出すことができました。

3-3. 自分で答えを出し、真実と事実をもとに向き合う方法

真実と事実に基づいて自分の「モンスター」に向き合う方法は、自己認識の過程であり、自分の力で自分の答えを出す過程です。この過程で重要なのは、「書くこと」です。自分の経験や感情、思考を具体的に書くことで、それらが具現化され、自分自身の理解が深まります。さらに、「書くこと」は、自分自身との対話の一形態であり、自分自身に対する理解を深めるツールとなります。

自己成長への道:過去と向き合い成長する

私たちが過去と向き合い、自己成長を遂げるためには、深い納得、トラウマからの成長、そして過去の経験を新しい視点や解釈に変えることが重要です。

4-1. 深い納得の過程とは何か

深い納得の過程とは、自分自身の内面と真剣に向き合い、自己理解を深めることです。これはただ単に事実を受け入れるだけではなく、それらをどのように解釈し、自分自身の一部として認識するかが重要です。深い納得は自己受容と密接に関連しており、これにより自己の成長や変化が促進されます。

4-2. トラウマからの成長(PTG)への道筋

トラウマからの成長、または「Post-Traumatic Growth(PTG)」とは、トラウマ体験を通じて個人が新たな視点を持ち、成長を遂げることを指します。この過程では、個人は困難な経験を通じて新たな強さを発見し、自己の理解を深め、人生の価値観を再評価することが多くあります。

4-3. 過去の経験を新しい視点や解釈に変える方法

過去の経験を新しい視点や解釈に変えることは、自己成長への重要な一歩です。これは自己反省のプロセスを通じて、過去の経験やそれに関連する感情、考え方を再評価し、再解釈することを含みます。これにより、新しい自己認識と自己理解が生まれ、過去の経験が自己成長の糧となります。このプロセスは時間と努力を必要としますが、その結果、自己理解を深め、より強く、成熟した自己を形成することが可能となります。

勇気を持って有害な関係を断ち切る

人間関係は我々の心理的健康や生活の質に大きな影響を与えます。しかし、すべての関係が健康的で有益なものではないため、有害な関係を認識し、それを断ち切る勇気を持つことが重要です。

5-1. 害になる人間関係の特徴とは何か

害になる人間関係は多くの場合、不均衡、尊重の欠如、不適切な制御、否定的な影響など、特定の特徴を持っています。これらの関係では、一方のパートナーが他方を制御したり、誤解したり、否定したり、乱用したりすることがあります。害になる人間関係は、自尊心の低下、ストレス、不安、抑うつなど、様々なネガティブな感情や心理的な影響を引き起こすことがあります。

5-2. 心の中の小さな自分を守る勇気

自己愛や自尊心は、自分を守り、自己を尊重するための重要な要素です。有害な関係における自分自身を守るためには、自己の価値を理解し、自分自身のニーズや欲求を優先する勇気が必要です。自分自身の感情や欲求を無視したり、他人の要求に常に従ったりすることは、心の中の小さな自分を傷つけ、自己尊重を侵害します。

5-3. 自分への虐待からの解放方法

自分自身への虐待から解放するには、自己認識、自己愛、そして強固な境界設定が必要です。自己虐待のパターンを認識し、それが自己尊重と自己愛に対する障壁であることを理解することが第一歩です。次に、自分自身を愛し、自分自身の価値を認識することが重要です。最後に、自己保護のための強固な境界を設定することで、自己虐待のパターンから逃れ、自己成長への道を進むことができます。

終わりに

本記事の目的は、個々の自己解決力を高め、有害な関係から自己成長へと向かうための手助けを提供することでした。以下にその主要なポイントを再確認しましょう。

6-1. 自己認識の重要性

自己認識は個人の成長と自己解決力において中心的な役割を果たします。自分の感情、欲求、価値観を理解することは、自己成長の旅において必要不可欠なステップです。それは自分自身への理解を深め、問題解決の方向性を明確にするのです。

6-2. 個人の成長とは何か

個人の成長とは、自己の理解を深め、自己の能力と強みを最大限に活用し、生活の質を向上させる過程を指します。これは自己認識、自己愛、そして自己改善の継続的なサイクルによって達成されます。

6-3. これからどのように進んでいくべきか

個人の成長を続けるためには、自己認識の練習を続け、自己愛を深め、強固な境界を設定することが重要です。また、過去の経験と向き合い、それらから学び、自分自身を成長させる勇気を持つことが必要です。

6-4. 成長に繋げるための5ステップのまとめ

まず、自己の問題や未解決の感情を認識し、誰かが解決してくれるという考え方を捨て、自分の時間の価値を認識すること。次に、自己の無意識のモンスターと過去の真実に直面し、自己の答えを見つけること。そして、自己の深い納得の過程を経て、トラウマからの成長(PTG)へ進むこと、そして自己の過去の経験を新しい視点や解釈で再解釈すること。最後に、害になる人間関係の特徴を認識し、自己への悪影響からの解放を図ること。これらのステップが、自己解決力を高め、自己成長へと導く道標となるでしょう。

ChatGPT4.0より

以上の考察を元に、あなたが直面している「モンスター」「無意識下にある未処理未消化の心の情報の纏まり、あるいは言い換えれば「心の問題集(未解決)」を理解し、解決するための最初の一歩を踏み出すことを強く推奨します。

それは、サヨナラ・モンスター教材本編の「必ずメモしておくこと」です。このプロセスでは、「書くこと」が極めて重要となります。書く行為は私たちが自身の思考を整理し、心の中の混沌とした情報を明確な形にする手段です。また、自分の手で書き出すことで自己認識が深まり、心の中にある「モンスター」を具体的に認識し、それにどう向き合うべきかを理解するための洞察を得ることができます。

この旅は容易なものではないかもしれませんが、自己成長と解決力の向上のためには欠かせない重要なプロセスです。あなた自身の深い部分に踏み込む勇気を持つことで、自己解決力を高め、より良い人生へと進むための道筋が見えてくるでしょう。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

本記事を読んで、疑問や質問があれば「質問箱」からお気軽に送信して下さい。記事投稿(このサイトに回答記事を投稿)にて回答させていただきます。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
星5つのうち0.0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。


このサイト全体のレビューを読む(みんなのコメントあり)

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

本記事でお伝えした考えについて、あなたの意見や洞察をお聞かせください。あなたの考えを共有することは(例えばここにレビュー投稿することも)、自己理解と自己表現のための重要なステップであり、アウトプットの習慣を形成するのに役立ちます。さらに、あなたの意見は他の読者にとっても有益な参考資料となり得ます。

記事を読んだ後、あなたのフィードバックをいただけると幸いです。あなたの見解、感想、学び、そしてこの記事があなたの考えや感情にどのように影響を与えたかをお聞かせください。あなたのアウトプットは、他人が自己理解の旅を進めるための重要な資源となります。

アウトプットの癖をつけていきましょう! 自己理解と自己成長の旅を一緒に進めていきましょう。

レビュー本文に質問を入力することは可能ですが、こちらからの返信に対してのあなたからの返信は不可になります(一往復)。僕が回答した後の追加の返信はできません。つまり、一つの質問に対して一つの回答しかされない、ということです。それを理解した上でご質問があれば投稿して下さい。

※購入者の方は、必ずログインをしてレビュー投稿して下さい。商品に対してのレビューの場合、購入者であることを確認出来ない場合、非掲載とさせていただきます。

サヨナラ・モンスターを購入する

サヨナラ・モンスターを購入する
ご訪問者さま、

僕は常に、自分自身や周りの人たちを成長させるために新しいことを模索しています。しかし、時には僕自身が抱える問題が、僕自身の邪魔をしてしまうことがあります。それが「モンスター(心の深い部分にある纏まり)」です。

モンスターは、僕たち人間の内面に潜む、さまざまなネガティブな感情や思考を含めた心の情報の纏まりのことを指します。これらのモンスターが僕たち人間の人生を無意識のうちに支配することがあるかもしれませんが、僕はそれを変えることができます。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自分自身のモンスターと向き合い、それらを克服するための方法を提供するセルフヘルプ教材です。この教材を通じて、あなたは自己啓発や心の知識を深め、自己成長に向けたプロセスを開始することができます。

この教材は、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめています。色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人、誰も頼ることが出来るない人に試してもらいたい方法です。自分の心を救う王道、それはセルフヘルプです。

誰も頼れないという人ほど心の傷が深いです。深いからこそ「心的外傷後成長(PTG)」も大きいのです。あなたはダメなんかじゃないのです。これから大きく変わっていく素晴らしい人なのです。あなたが自分自身を理解し、自分自身と向き合い、そして克服することをPDFファイルと付属ツールで手助けします。この教材によって、あなたはモンスターに支配されることなく、自分自身を取り戻し、人生を自由に生きることができるようになるでしょう。

セルフヘルプという性質上、僕から購入者さまに直接働きかけることはしませんが、いただいた質問メールなどには必ずご返信をさせていただいておりますので、わからないことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自己成長や克服を目指すために必要な情報を提供します。このセルフヘルプ教材を手に取り、あなた自身のモンスターと向き合い、人生を変える第一歩を踏み出してください。

今すぐ6年間もの集大成とも言える情報を詰め込んだ「サヨナラ・モンスター」を手に入れて、自分自身を変える旅を始めましょう。

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com

サイト内検索