誹謗中傷で心がボロボロに…、もう…死にたい、そう思っているあなたへ。

僕自身、誹謗中傷を受けて、心が傷ついたことがあります。
だからこそ、わかってきたことがあります。

 

自己信頼を深めると誹謗中傷が効きにくくなる

 

自己信頼が深まってくると、他人からの誹謗中傷、心理的な攻撃などが、何か、効かなくなる。効いてしまう人は、「自己信頼」を深めると良いと思う。自己信頼の深め方は、他人に聞くのではなく、自分で見つけていくことが大切。

 

妄想にしがみついている者が誹謗中傷で足を引っ張る

 

まともにやると、必ず、誹謗中傷される。それが自然なこと。誹謗中傷は、根拠のない悪口で傷つけることだから、その者の妄想のようなもの。まともにやると、まともにやりたくない者が、足を引っ張るために現れる。足を引っ張って引きずり下ろせば、彼らは妄想を維持できるから。

 

現実を放棄した者は、誹謗中傷を武器にして引き摺り下ろそうとする

 

誰かがまともにやる。すると、まともにやりたくない者は、現実を突きつけられた気になる。そこで選択に迫られる。自分も現実を生きるか。それとも現実を生きる者を引き摺り下ろして妄想に留まるか。後者の場合、誹謗中傷を武器にして引き摺り下ろそうとする。傷つけて、進ませないようにする。

 

自死を選択する前に、踏み止まって考えてほしい。

 

誹謗中傷を受け、誰にも理解されず、絶望し、自死を選択してしまう人もいる。自死を選択する前に、踏み止まって考えてほしい。誹謗中傷をして、他人を傷つけ、弱らせ、そして、歩く道を妨害する者…。
そんな者が邪魔せずにはいられないほどの「まともな何か」を、あなたは持っているということ。

 

多くの人が試されているかのように誹謗中傷を受けている

 

誹謗中傷は何処にでもある。政治家も、警察(警察の人が言っていたと聞いた)も、ヤクザのトップも、弁護士も、宗教家も、総理大臣も、精神科医も、心理カウンセラーも。その立場で、まともにやろうとすれば、気持ちが本物かどうか試されているかのように、誹謗中傷を受けることになる。

 

最後に

 

僕自身、心がボロボロだった時に、それを見透かされて、誹謗中傷を受けたこともある。彼らは、傷だらけの心を抉ってくるので、僕自身、もう…死にたい、そう思ったこともあります。だけど、今の僕は違います。彼ら妄想者が飛ばしてくる誹謗中傷が効きにくくなりました。

 

そうなれたのは、自己信頼が深まったからです。

 

あなたの中にある「まともな何か」を、あなた自身の勇気と力で守ってあげて欲しいです。そのために力を貸してくれる人は、探せばいます。絶望している気持ちはよくわかる。僕も絶望したことがあるから。

 

心の中の小さな自分を守ることが出来るあなたは、「まともな何か」を持っている。僕は、そう確信している。

 

「サヨナラ・モンスター」は、「自己信頼」を深めていく方法でもあります。

 

誹謗中傷を受けていて、本当に苦しい…、そう悩んでいて、自分で自分を救っていきたい…、そう思う方は、サヨナラ・モンスターを試してみて下さい。そして、何度でも、僕にメールを送って下さい。

 

解決策を、一緒に考えましょう。


あなたの心に残っている未処理未消化の感情

それが「まとまり(モンスター)」になって

問題を作り出しています。開放しましょう。

ページの先頭へ戻る