「サヨナラ・モンスター」は、認知トライアングルの「思考」「感情」「行動」の、「感情(緑の部分)」に働きかけながら「認知」を変える方法(セルフヘルプ教材)です。

この記事を書いた人の保有資格

アンガーコントロールスペシャリスト メンタルケア心理士 うつ病アドバイザー
「サヨナラ・モンスター」は、認知トライアングルの「思考」「感情」「行動」の、「感情(緑の部分)」に働きかけながら「認知」を変える方法(セルフヘルプ教材)です。

「サヨナラ・モンスター」は、認知トライアングルの「思考」「感情」「行動」の、「感情(緑の部分)」に働きかけながら「認知」を変える方法です。これらは互いに影響を与え合うので、「思考」や「行動」にも、良い影響が出来ることが期待できるのです。

僕自身過去に、一般的な認知療法を試してみたのですが、あくびが出てきて、眠くなってきて、やる気も無く、自分には合わなかった。だけど、「サヨナラ・モンスター」の方法だと、楽しいし、やる気も出てきて、スラスラ取り組むことが出来ました。僕の場合は「感情」に働きかける方法が一番良いです。

例えば、「サヨナラモンスター」に取り組んだ【静岡県・女性・Oさま】も、「”行動にも意識的になり、行動に選択の余地が出てきた。また思考から行動に移るまで腰が少し軽くなってきている気がする。(sayonara-monster.com/post-41/)”」と、「思考」や「行動」にも良い影響が出てきたとのこと。

このように、自分で自分を助けようと、強い気持ちで取り組むからこそ良い変化が起こってくるのです。だから、その燃料となる「感情」が大切なので、サヨナラ・モンスターは「感情」から入っていくのです。

別方向から複合的に働きかけることで、結果、変革を促せる場合もある

色々な方法を試したけど、それでも変われなかった僕の場合は、画像の緑の部分(感情)に対し、サヨナラ・モンスターの複合的な方法で働きかけ続けました。そしたら、「思考」や「行動」にも、良い変化が起こっていたのです!

この経験から、「なるほど…、認知(解釈の過程)に直接働きかけなくても、別方向から複合的に働きかけることで、結果、変革を促せる場合もある」と気づきました。しかもこれは、感受性が高い人に向いている方法です。論理的な人の場合は、抵抗があるかもしれません。自分に合った方法が一番良いです。

あなたは、次の3つのうち、
一番最初に変えるものはどれですか?

1、最初に「思考」を変える
2、最初に「感情」を変える
3、最初に「行動」を変える

これからは、感情に働きかける時代

Bさん:「感情に働きかけて認知を変える?聞いたことがない」

僕:「そうだと思います。販売ページにも記載していますが、完全オリジナルの方法です。僕自身の心が大きく変わったオリジナルセルフヘルプ教材です。ここにしかない貴重なものです。」

何度もお伝えしていますが、これからは「感情の時代」です。ですから、自然と、サヨナラモンスターのように、感情に働きかける方法などが増えてきます。「感情に働きかける」とグーグル検索をしても、関連情報が増えてきています。

感情に働きかけながら、如何に、自然な形で、「サヨナラ・モンスターの仕組み」を起こせるかが、これからの時代に必要なことなのです。とくに、人を支援する側は、「サヨナラ・モンスター」を自然に起こせるようになることが大切なのです。サヨナラモンスター無しの機械的な働きかけは、さみしいもの。

サヨナラ・モンスターの仕組みは、色々なところで起こっている。例えばここには書けませんが、とある組織のトップのインタビュー記事に書かれてあったこと。そこにもサヨナラ・モンスターがちゃんと機能しています。「トップが抱えていた積年の恨み」が、「感謝に転換」された内容が書かれていました。

その過程(プロセス)は、ツール化したのが、サヨナラ・モンスターの付属ツール、【自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】です。真剣に向き合えば、心は変わってきます。自分のために、本気で取り組んで下さい。自分を軽視せず、1つ1つを大切にして、そして「転換」しましょう。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

みんな、この方法で変わっています!

みんな、この方法で変わっています!
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com