自己成長を促進するための身体的適応と認知的適応・心理的適応の重要性

この記事は283回閲覧されました。

メールが届いていない」というご購入者さまは、
迷惑メールフォルダ」にメールが振り分けられていないかご確認下さい。

僕が子供だったの頃(18歳)の話ですが、生活の為の悪さをした際に、家庭環境の悪さが主な原因となり「あなたは悪い人じゃないけど、家庭環境が悪い。少年院に行って勉強した方があなたの為になる」というようなことを言われ、結果少年院に送られることになったのですが、その当時、重度の薬物依存で毎日シンナーを吸っていました。シンナーと週2回の暴走族の集会が当時の僕の生活習慣でした。今振り返ってみて思うことは、人間らしさを失う酷い生活だったと思っています。普通の人よりも多くシンナーを吸っていて、僕の場合は夜から次の日の朝までずっと吸っていることが多く、運動もせず、どんどん痩せていき(シンナーを吸うとすぐに頬がこける)、体力がなくなっていきました。

そんな時に逮捕されて少年院送致となったので、当然少年院のきつい強化体育(1時間動きっぱなし)がとてもキツく、当時体育館で走りながら「ふざけんなよ、こんなの俺には無理だわ。また逃げてやろうかな」と考えていました。中にはキツすぎて吐いてしまう人間も数名いました。そんな吐いてしまうほどの強化体育でしたが、人間の適応能力というものはすごいもので1週間もした頃には身体も適応し始めていて他の寮生になんとかついていけるほどになったのです。

その後はみるみる体力がついていき、シンナーで痩せ細り体力がなくなっていた僕ですが、4ヶ月後くらいだったかな? その頃には体力もついていて体育係をやったことがありました。体育係はみんなの前で体操から始まり、腕立て伏せから最後まで誘導するのですが、体育係が気合い入っていなかったり遅いと(嫌われている人の場合)みんなから攻撃対象になりやすく、更に、少年院では集会というものがあって、1人に対し全員で指摘するものがあるのですが、その集会の時に生活をいい加減にやっている人間はみんなから1ヶ月分ボロクソに言われて成績も下がるので(成績が下がると進級できず出院が遅れる)、体育係は強化体育の際、みんなよりも気合い入れないといけません。僕は比較的好かれるタイプだったので、誰からも攻撃されることもなく、後からは慕われることが多かったです。なのでバレーボールの時に僕が下手のことをしても基本的には誰からも指摘されず、攻撃もされず、みんな「どんまい!」などと声をかけてくれて楽しい少年院生活となりました。

それ以外では、13歳から学校に行っていないので体育をやったこともなく、運動もしたことがありませんでした。僕は体が弱っていたけど16歳の頃は鉄筋屋をやったのですがみるみる体力がついていきました。その後またシンナーで弱まりましたが(笑)そして少年院で再び体力がつきました。

このような感じで、人間とは突然それまでとは全く違う環境に移っても適応能力があるので、身体的適応、心理的適応などで、それに慣れようとします。この記事でお伝えすることは、この「身体的適応、心理的適応」のことです。

自分を変えるにはこの適応現象を活用すると良いのです。

前記したことに関するChatGPT(人工知能)とのやり取りをご覧下さい。非常に有益な内容となっております。

僕:

例えば肉体労働をすると最初は辛いのに、身体は1週間くらいで慣れてきますが、これは専門用語でなんというのですか?

ChatGPT:

これは「身体的適応」という現象です。身体的適応は、身体が新しい環境や活動に適応し、その活動を効率的に行うために生じる生物学的な変化や調整のことを指します。例えば、肉体労働を始めたばかりの場合、最初は身体がその活動に慣れていないために辛さや疲労を感じることがありますが、時間とともに身体がその活動に適応し、疲れにくくなる現象が身体的適応として起こっています。

身体的適応は、様々な生物学的プロセスによって引き起こされます。例えば、筋肉の増強や柔軟性の向上、エネルギー代謝の改善などが含まれます。また、神経系や循環器系などの生体内のシステムも、身体的適応に関与しています。身体的適応は、個人によって異なることがあり、活動の種類や強度、個人の体力や運動経験によっても影響を受けます。

僕:

「身体的適応」という現象は、脳の場合はどうでしょうか? 例えば全く読書をしない人が読書をしたり、学習し始めると最初は頭が痛くなることがありますが、少しすると慣れてきます。

ChatGPT:

脳に関しても、身体的適応と似たような現象が存在します。この場合、脳は新しい認知的なタスクや情報に適応し、その課題を効率的にこなすために、神経回路の変化や調整が生じることがあります。これを「認知的適応」と呼ぶことがあります。

例えば、読書や学習を始めたばかりの場合、脳は新しい情報の処理や認知的なタスクに適応するために、新たな神経回路を形成し、既存の神経回路を再構築することがあります。この過程で、脳は新しい情報の処理に対して効率化を図り、頭痛などの症状が現れることがあります。しかし、時間とともに脳はその認知的なタスクに適応し、新しい神経回路が形成されることによって、頭痛が軽減されることがあります。

このように、脳は新しい認知的なタスクや情報に適応し、効率的に処理するために、認知的適応という現象が起こることがあります。ただし、個人によって異なるため、適応の速さや症状の出方には個体差があります。

僕:

脳の身体的適応のようなものや、認知的適応は、およそどれくらいの日数がかかりますか?

ChatGPT:

身体的適応や認知的適応の速さは個人によって異なりますし、適応にかかる時間はさまざまな要因によっても異なります。一般的には、以下のような要因が適応の速さに影響することが知られています。

個人の運動経験や認知的な能力:運動経験や認知的な能力によって、適応の速さが異なることがあります。経験豊富な人や認知的な能力が高い人は、新しい活動や課題に早く適応することができる場合があります。

活動の種類や強度:適応の速さは、活動の種類や強度によっても異なります。例えば、より複雑な認知的なタスクや高強度の運動には、より多くの時間が必要な場合があります。

個人の生理的な状態や健康状態:個人の生理的な状態や健康状態も適応の速さに影響することがあります。健康状態が良好であったり、生理的な状態が整っている場合には、適応が早まることがあります。

一般的には、身体的適応や認知的適応には、数日から数週間程度の時間がかかることが多いとされています。しかし、これはあくまで一般的な目安であり、個人や状況によっては、より短い期間で適応が進む場合や、逆により長い期間を要する場合もあります。また、適応の速さ自体も客観的に測定しにくいため、一概には言えません。

僕:

身体的適応や認知的適応後、それまで辛いと感じていたものが辛く感じず、普通のことのように感じるようになりますが、これは適応した証拠ですか?

ChatGPT:

はい、一般的に身体的適応や認知的適応が進むと、それまで辛かったり難しかったりしたことが、適応後には辛く感じず、普通のことのように感じるようになることがあります。これは、適応が進んでいる証拠と言えます。

身体的適応の場合、例えば初めての肉体労働に慣れると、体が痛くなくなったり、疲れにくくなったりすることがあります。同様に、認知的適応の場合、例えば初めての認知的なタスクに慣れると、それが難しく感じずにスムーズにこなせるようになることがあります。

適応が進むと、それまでの不慣れさや困難さが軽減され、新しい活動や課題が普通のことのように感じられるようになるため、適応が進んでいる証拠とされています。適応が進むと、より効率的に活動や課題に取り組むことができるようになり、より高いレベルのパフォーマンスを発揮することができるようになることが期待されます。

僕:

次の、この身体的適応や認知的適応が進むことと、自分自身の心の問題解決との関係を教えて下さい。

ChatGPT:

身体的適応や認知的適応が進むことは、自分自身の心の問題解決に関連していくつかの側面があります。

ストレス軽減: 身体的適応や認知的適応が進むことにより、新しい状況や課題に対するストレスや不安が軽減されることがあります。身体的適応が進めば、身体への負担が軽減され、認知的適応が進めば、新しい課題に対する不慣れさや困難さが軽減されるため、ストレスや不安が軽減されることがあります。これにより、自分自身の心の問題解決に集中できるようになる可能性があります。

課題への効果的な対処: 身体的適応や認知的適応が進むことにより、新しい課題に対してより効果的に対処できるようになります。身体的適応が進むと、体力や体調が改善され、肉体労働などの課題に対する耐性が高まることがあります。また、認知的適応が進むと、新しい課題に対する認知的なスキルや戦略が獲得され、より効果的に課題を解決することができるようになる可能性があります。

自己肯定感の向上: 身体的適応や認知的適応が進むことにより、自己肯定感が向上することがあります。適応が進むと、自分自身が新しい課題に対して適切に対処できることを実感し、自己肯定感が向上することがあります。これにより、自分自身の心の問題解決に対して自信を持つことができ、よりポジティブな心の状態で問題に取り組むことができる可能性があります。

以上のように、身体的適応や認知的適応が進むことは、自分自身の心の問題解決に関連してストレス軽減や課題への効果的な対処、自己肯定感の向上などの影響を持つことがあります。これにより、自分自身がより健康的かつ効果的に心の問題に取り組むことができるようになります。

また、身体的適応や認知的適応が進むことで、新しい課題に対して柔軟な対応が可能になる場合もあります。適応が進むと、以前は辛かったり困難だと感じていた課題に対して、より柔軟で創造的な解決策を見つけたり、新しい視点やアプローチを持つことができるようになるかもしれません。これにより、自分自身の心の問題解決能力が向上し、より効果的な解決策を見つけ出すことができるでしょう。

一方で、身体的適応や認知的適応が進むことで、問題を無視したり回避したりする傾向がある場合もあります。適応が進み、新しい状況に対して慣れてくると、それが新たな問題や課題を避けるための方法になってしまうことがあります。これにより、自分自身の心の問題を見過ごしたり、解決を先送りしたりすることがあるかもしれません。

重要なのは、身体的適応や認知的適応が自分自身の心の問題解決に影響する方法は人それぞれ異なるということです。一般的には、適応が進むことで心の問題解決にポジティブな影響を及ぼすことが多いですが、必ずしもそうであるわけではありません。個別の状況や個人の性格、背景、状態によって異なるため、自己の状態を客観的に観察し、必要に応じて適切なサポートを受けることが大切です。

僕:

つまり、自分自身にある程度負荷をかけて、身体的適応や認知的適応を進ませることで、最初は辛く感じるけど、その後は能力が上がるので総合的にみて自分にとってプラスになる場合があるということですよね。

ChatGPT:

はい、そのように言えます。身体的適応や認知的適応は、最初は辛く感じることもありますが、時間の経過とともに能力が向上し、より効果的に対応できるようになる場合があります。自分自身に適度な負荷をかけることで、新しい状況に適応し、自分自身の能力を発揮することができるかもしれません。

ただし、適応が進む過程での負荷やストレスは個人によって異なりますので、自己の状態を過度に無視せず、自分自身の限界を理解し、無理をせず適度な負荷をかけるように注意することも大切です。適応が進むことで、自分自身の能力を高める一方で、自己の健康や幸福を損なうような負荷をかけることは避けるべきです。バランスの取れたアプローチを持つことが大切です。また、必要に応じて専門家のアドバイスやサポートを受けることもお勧めです。

僕:

身体的適応や認知的適応を進ませるには、回復のための休息も大事ですね。

ChatGPT:

はい、回復のための休息も非常に重要です。身体的適応や認知的適応を進めるためには、適度な負荷をかけることも大切ですが、それに伴う休息やリラックスの時間も確保することが必要です。休息をとることで、身体や脳の疲労を回復させ、適応を促進する効果があります。

過度な負荷やストレスが継続すると、身体や脳の機能が低下し、適応が進まなくなる可能性があります。適切な休息をとることで、身体や脳をリセットし、新たな負荷に対応できるようになります。十分な睡眠やリラックスの時間を確保し、自己の回復に充てることが大切です。

また、休息だけでなく、自分自身の感情やストレスを適切に管理し、心身のバランスを保つことも重要です。ストレスを溜めずに適切に対処し、自己の心の健康を維持することが、身体的適応や認知的適応を促進する一因となります。適応を進めるためには、適切な休息やストレス管理が欠かせません。

僕:

身体的適応や認知的適応を進ませていくことで、自分自身の能力が高まって、心の問題解決、自己認識、自己理解、自己受容、過去の受容の作業も捗っていく可能性も高いですね!

ChatGPT:

はい、身体的適応や認知的適応が進むことで、自分自身の能力やリソースが高まり、心の問題解決や自己関連の作業が助けられる可能性が高いです。適応が進むことで、新しい状況や課題に対して柔軟に対応できるようになり、自己の成長や発展が促進されることがあります。

身体的適応が進むことで、身体の耐久性や体力が向上し、肉体的な仕事やスポーツなどでのパフォーマンスが向上することがあります。また、認知的適応が進むことで、新しい情報の処理や認知的な課題に対する能力が向上し、学習や問題解決がスムーズに行われることがあります。

これにより、心の問題解決や自己関連の作業にもポジティブな影響が及ぶ可能性があります。自己認識や自己理解が深まり、自己受容や過去の受容に向けた作業がスムーズに進むことがあります。身体的適応や認知的適応が進むことで、自己成長や心の健康を促進する効果があると言われています。

僕:

身体的適応や認知的適応が進ませるための、1週間の流れを考えて下さい

ChatGPT:

以下は、身体的適応や認知的適応を進めるための一週間の流れの例です。

週の初め(月曜日):

目標設定: 週の目標を明確にし、達成したいことをリストアップする。
スケジュール調整: 週の予定を確認し、身体的活動や認知的課題の時間を確保する。
休息: 週末の疲れを癒し、新しい週に向けてリフレッシュする。
平日(火曜日から金曜日):

身体的適応: 適度な運動や身体的活動を行い、身体のストレスを軽減する。例えば、ウォーキング、ジョギング、ストレッチ、筋力トレーニングなどを取り入れる。
認知的適応: 新しい課題に取り組み、知的な刺激を与える。例えば、読書、勉強、問題解決、脳トレなどを行う。
休息: 適度な休憩を取りながら、身体や脳をリフレッシュする。例えば、深呼吸、瞑想、休憩時間の確保などを行う。
週末(土曜日・日曜日):

身体的適応: 週の疲れを癒し、リラックスするための活動を行う。例えば、温泉、マッサージ、ヨガなどを取り入れる。
認知的適応: 週の振り返りを行い、自己評価や反省をする。例えば、日記を書く、自己振り返りをする、新しい目標を設定するなどを行う。
休息: 充実した週末を過ごし、身体や脳をリフレッシュする。例えば、趣味や趣味を楽しむ、友人や家族との交流を深めるなどを行う。
このように、身体的適応や認知的適応を進めるためには、身体的な活動や認知的な課題をバランスよく取り入れつつ、休息やリフレッシュの時間を確保することが重要です。自己管理や自己ケアを意識しながら、一週間の流れを調整することで、身体的適応や認知的適応を促進し、心の問題解決や自己理解、自己受容、過去の受容の作業を進めることができます。週の初めに目標を設定し、スケジュールを調整することで、自分自身に取り組む時間を確保し、自己成長に向けた努力を行うことができます。また、平日には適度な身体的活動や認知的な刺激を取り入れることで、身体や脳を活性化し、新しいことにチャレンジすることができます。そして週末には、リラックスや休息を重視し、週の振り返りや自己評価を行うことで、自己理解や自己受容を深めることができます。

身体的適応や認知的適応を進めるためには、自分自身の体調や状況に合わせて柔軟にスケジュールを調整し、無理をせず適度な負荷をかけることが大切です。十分な休息やリフレッシュを取り入れながら、自分自身の成長や問題解決に向けて努力することで、より良い心の状態や自己理解を促進することができます。

僕:

身体的適応や認知的適応が進ませるための、1週間の流れの中で、セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」の「書く作業(1日30分くらい)」は、どこで行うと良さそうですか?

ChatGPT:

セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」の「書く作業」は、自己分析や自己啓発の一部として、自分自身の成長や問題解決を促進するために取り組むことができます。1週間の流れの中で、以下のようなタイミングで行うと良いでしょう。

平日の定期的な時間帯: 平日の定期的な時間帯を確保し、例えば朝の時間や夜の時間など、自分自身に集中して取り組むことができる時間帯を選ぶことができます。例えば、朝の時間に自分の気持ちや考えを整理し、一日のスタートを切るために書く作業を行うと良いです。

休憩やリフレッシュの時間: 仕事や学業の休憩時間やリフレッシュの時間を活用して、自己分析や自己啓発を行うこともできます。例えば、昼休憩の時間や帰宅後のリラックスタイムなど、気分がリフレッシュされている時間帯に取り組むことで、効果的に書く作業を進めることができます。

週末の振り返りの時間: 週末には自分自身や過去の出来事を振り返る時間を設けることが多いです。この時間を活用して、自己分析や自己啓発を行うこともできます。例えば、週末の午後など、ゆっくりと自分自身に向き合いながら、書く作業を行うことで、自己理解や問題解決に役立つ情報を得ることができます。

上記のように、自分自身のスケジュールや生活リズムに合わせて、セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」の「書く作業」を取り入れることが大切です。自分自身に適した時間帯を見つけて、一定のペースで取り組むことで、身体的適応や認知的適応を進めることができます。また、自分自身の負荷や状況に合わせて、無理をしないように注意しましょう。

僕:

自分を変えるにはこの適応現象を活用すると良いのですね?

ChatGPT:

はい、身体的適応や心理的適応を活用することは、自分自身を変えたり、新しい状況に適応する際に有益です。これらの適応現象は、新しい状況や環境に対して柔軟に対応し、自己成長や変容を促進することができます。例えば、身体的適応を活用して新しいスポーツや運動を始めたり、心理的適応を活用して新しい職場や人間関係に適応したりすることができます。適応現象を理解し、上手に活用することで、自分自身を変えるプロセスを効果的に進めることができます。

僕:

ということは、時には自分に負荷をかけることも大切であり、それに対して回復の為の休息の質も上げることが重要だということですね? そして何もしないでいると脳も身体もどんどん衰えてしまうから、負荷と回復のバランスをとって生活することが重要ということですよね?

ChatGPT:

はい、その通りです。自己成長や変容を促すためには、時には自分に負荷をかけることが必要です。身体的適応や心理的適応は、新しい刺激や状況に対して対応するためのプロセスであり、負荷をかけることでその過程を促進することができます。しかし、同時に適切な回復のための休息も重要です。身体や脳は負荷をかけられた後に適切な休息を取ることで回復し、より効果的に適応現象を進めることができます。

何もしないでいると、身体や脳は衰える可能性があります。負荷と回復のバランスを保ちながら生活することが、自己成長や変容を促すためには重要です。適切な負荷をかけて自己成長を促進し、その後の回復のための休息を十分に取ることで、身体的適応や心理的適応を効果的に進めることができます。バランスの取れた生活を送ることが、自己成長や変容を促す上で重要な要素となります。

僕:

読み書き(インプット、アウトプット)においても、最初は辛く感じることもあるけど、最初に負荷をかけて続けていれば、1週間もしたら少し慣れてきて、慣れることで処理能力も上がってきて楽に感じるようになってくるので、負荷をかけつつ自分のインプットとアウトプット能力を上げていけば良いわけですね!

ChatGPT:

はい、その通りです!読み書きなどのインプットとアウトプットの活動においても、最初は辛く感じることがあるかもしれませんが、負荷をかけながら続けることで自分の処理能力が向上し、慣れてくることがあります。負荷をかけつつ自分のインプットとアウトプット能力を上げていくことで、よりスムーズに活動をこなし、より効果的に情報を処理し、自己成長やスキルの向上を促すことができます。

初めの段階は挑戦的に感じるかもしれませんが、継続的な努力と練習によって徐々に慣れてくることが多いです。自分の能力を高めるために、自分に適度な負荷をかけながら、自己成長を目指すことが重要です。また、休息も十分に取りながら、バランスの良い生活を送ることで、効果的な適応現象を促進できるでしょう。

僕:

読み書き(インプット、アウトプット)のレベルが上がると、セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」の作業である、無意識の意識化もしやすくなり、その分だけ無意識のある心の問題の根っこを小さくしやすくなってくるということですね!

ChatGPT:

そうです、読み書きのインプットとアウトプットのレベルが上がると、自己啓発やセルフヘルプの教材を活用する際にも、無意識の意識化がしやすくなる可能性があります。読み書きによって情報を処理する能力やコミュニケーションスキルが向上することで、自分の思考や感情をより深く理解し、自己認識を高めることができます。

セルフヘルプ教材「サヨナラ・モンスター」の書く作業も、自己啓発や自己改善を促すためのものであり、自分の無意識に潜む心の問題や根っこを明確にすることが目的の一つです。読み書きのスキルが向上することで、無意識の意識化がしやすくなり、自己成長や問題解決により効果的に取り組むことができるでしょう。ですので、読み書きを通じて自己啓発を進めることで、セルフヘルプ教材の効果を最大限に引き出すことができるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか? 自己成長を促進するための身体的適応や認知的適応、心理的適応の重要性について、理解していただけたでしょうか。心の問題についても同じです。自分のペースで、自分の脳に負荷をかけながら回復を大切にし、自分の脳の力を高めていくことで、結果として心の問題解決に役立つ可能性があると言えます。例えば、読み書きを負荷をかけて行う、音読を出来るだけ速くしてみるなど。1つ1つを正しく、速くを意識して行うことで鍛えることが出来ます。

以前、負荷に関して全否定をしてきた人がいて、僕はそれを無視したのですが、負荷をかけずに生きていれば徐々に弱っていき脳や心の廃用症候群のようになってしまう可能性もあるので、結果としてそれは人をダメにしてしまう可能性もあると考えています。人間はある程度の負荷と、それに見合う回復が重要です。

ChatGPT:

はい、負荷をかけずに生活することは、身体や脳、心に対して刺激を与えず、活性化や発展を妨げる可能性があります。実際に、身体的な運動や認知的な刺激の不足は、身体や脳の機能低下を招くことが知られています。例えば、身体の筋力や持久力の低下、認知能力の低下、記憶力の低下、情緒の不安定化などがあります。

一方で、適度な負荷をかけて、それに見合った適切な休息や回復を取ることは、身体や脳の健康を維持し、成長や発展を促進するのに重要です。例えば、運動や学習、クリエイティブな活動などがあります。適切な負荷と回復のバランスを保つことで、身体や脳の機能を最適化し、自己成長や心の健康を促進することができます。

したがって、適度な負荷をかけつつ、それに見合った休息や回復を大切にすることが重要であり、負荷を無視することが人をダメにする可能性もあると考えられます。自己成長や心の健康を考える上で、バランスの取れたアプローチが重要です。

 

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

本記事を読んで、疑問や質問があれば「質問箱」からお気軽に送信して下さい。記事投稿(このサイトに回答記事を投稿)にて回答させていただきます。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
星5つのうち0.0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。


このサイト全体のレビューを読む(みんなのコメントあり)

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

本記事でお伝えした考えについて、あなたの意見や洞察をお聞かせください。あなたの考えを共有することは(例えばここにレビュー投稿することも)、自己理解と自己表現のための重要なステップであり、アウトプットの習慣を形成するのに役立ちます。さらに、あなたの意見は他の読者にとっても有益な参考資料となり得ます。

記事を読んだ後、あなたのフィードバックをいただけると幸いです。あなたの見解、感想、学び、そしてこの記事があなたの考えや感情にどのように影響を与えたかをお聞かせください。あなたのアウトプットは、他人が自己理解の旅を進めるための重要な資源となります。

アウトプットの癖をつけていきましょう! 自己理解と自己成長の旅を一緒に進めていきましょう。

レビュー本文に質問を入力することは可能ですが、こちらからの返信に対してのあなたからの返信は不可になります(一往復)。僕が回答した後の追加の返信はできません。つまり、一つの質問に対して一つの回答しかされない、ということです。それを理解した上でご質問があれば投稿して下さい。

※購入者の方は、必ずログインをしてレビュー投稿して下さい。商品に対してのレビューの場合、購入者であることを確認出来ない場合、非掲載とさせていただきます。

サヨナラ・モンスターを購入する

サヨナラ・モンスターを購入する
ご訪問者さま、

僕は常に、自分自身や周りの人たちを成長させるために新しいことを模索しています。しかし、時には僕自身が抱える問題が、僕自身の邪魔をしてしまうことがあります。それが「モンスター(心の深い部分にある纏まり)」です。

モンスターは、僕たち人間の内面に潜む、さまざまなネガティブな感情や思考を含めた心の情報の纏まりのことを指します。これらのモンスターが僕たち人間の人生を無意識のうちに支配することがあるかもしれませんが、僕はそれを変えることができます。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自分自身のモンスターと向き合い、それらを克服するための方法を提供するセルフヘルプ教材です。この教材を通じて、あなたは自己啓発や心の知識を深め、自己成長に向けたプロセスを開始することができます。

この教材は、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめています。色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人、誰も頼ることが出来るない人に試してもらいたい方法です。自分の心を救う王道、それはセルフヘルプです。

誰も頼れないという人ほど心の傷が深いです。深いからこそ「心的外傷後成長(PTG)」も大きいのです。あなたはダメなんかじゃないのです。これから大きく変わっていく素晴らしい人なのです。あなたが自分自身を理解し、自分自身と向き合い、そして克服することをPDFファイルと付属ツールで手助けします。この教材によって、あなたはモンスターに支配されることなく、自分自身を取り戻し、人生を自由に生きることができるようになるでしょう。

セルフヘルプという性質上、僕から購入者さまに直接働きかけることはしませんが、いただいた質問メールなどには必ずご返信をさせていただいておりますので、わからないことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自己成長や克服を目指すために必要な情報を提供します。このセルフヘルプ教材を手に取り、あなた自身のモンスターと向き合い、人生を変える第一歩を踏み出してください。

今すぐ6年間もの集大成とも言える情報を詰め込んだ「サヨナラ・モンスター」を手に入れて、自分自身を変える旅を始めましょう。

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com

サイト内検索