他人からの不健全な評価(他己評価)を自己成長に繋げることも出来る

この記事は1547回閲覧されました。

メールが届いていない」というご購入者さまは、
迷惑メールフォルダ」にメールが振り分けられていないかご確認下さい。

他人からの不健全な評価(他己評価)を自己成長に繋げることも出来る

この記事でお伝えすることは、サヨナラ・モンスターの購入者さまにメールでお伝えしたことですが、他の方にもお伝えしたいと思い記事を書きました。

他人からの不健全な評価は気にしない方が良い場合

まず、他人からの評価(他己評価)は気にしない方が良い場合があります。それは評価してくる者が、正確性や客観性に欠けている場合です。間違ったことを平気で正しいかのように言ってくる人からの歪んだ評価によって、悪影響を受けてしまう場合があります。そんな歪んだ他己評価は気にしないことが大切です。間違っていないのに間違っていると思い込んしまったり、自分には価値があるのに無価値だと思ってしまったりと、マイナスになってしまうこともあります。

自分を他人に投影して、自分のことを相手のせいにして決めつけてくる人もいます。例えばAさんは昔、人から嘲笑され続けて生きました。他人から「Aはおかしいwww」「Aはゴミクズ(無価値)www」と。そんな心の問題が未処理となっている為、それらの情報が無意識下に抑圧されていて、嘲笑された心の傷も癒えておらず、自分がされたことを無意識で別の人に投げかけて、AさんはBさんに付き纏ってBさんを嘲笑することがあります。「Bはゴミクズ(無価値)www」と。こうした無価値だと扱う人からの評価を気にしてしまったり受け入れてしまうと、自分にとってマイナスになりますので、こうした他人からの評価(他己評価)は気にしない方が良いです。相手の言っていることは間違っている。自分のことを言って自己紹介してきていると。そう思うだけで心の中で跳ね除けることも出来ます。

気にした方が良い他己評価とは

気にした方が良い他己評価は、正確性や客観性がある評価です。誰が見ても、誰が聞いても納得出来る正確な評価は良い意味で気にして自分の問題に気づいたり、修正するべき部分を修正したほうが良いです。

健全な他己評価を良い意味で気にして、努力をして、スキルを身に着けていけば良いと思います(気にすることで、向上できることがある)。もしかしたら、それで身に着く力が、「本当の自分を生きる」ことに役立ってくるのかもしれません。そしてそれが、劣等コンプレックスが小さくなることにも繋がってくるかもしれません。

不健全な他己評価からもプラスを得よう

まず、他人の評価を気にしてしまうことは普通のことです。人間は誰もが評価を気にします(個人差は大きいけど)(気にしすぎて、振り回されると問題です)。前記したような不健全な他人からの評価をそのまま自分に浸透させるのではなく、自分をよくするための有益な情報として使えば良いのです。他人からの不健全な評価は気にしない方が良いとお伝えしましたが、有益な情報として使える者があれば使うのも1つの方法です。

機能不全家庭などで育った方は、他人の評価をそのまま自分に浸透させる癖がある人が多いなと感じています。浸透させるというのは、言い換えたら鵜呑みにする感じです。そうではなく、他人からの不健全な評価を有益なもに転換出来ると捉えて、噛み砕いて、使える部分を見つけ、自分をさらに良くするために転換して使えば良いと僕は考えています。そうすれば、、「健全なものであっても不健全なものであっても他人からの評価を良い意味で気にして、自分の成長にも繋げられ、認められる自分になっていく可能性が高まる」ことに繋げることも可能です。

自分を成長させるための有益な情報」が、「他人からの不健全な評価」にある場合があります。例えば、とある心理的な虐待者が、心理的な虐待の一種であるガスライティング(気を狂わせる心理的な虐待)を仕掛けてきたとします。ガスライティングについて詳しく知りたい方は(https://www.amazon.co.jp/dp/B0BRGYTB9M)をお読み下さい。Amazonで販売中です。この心理的な虐待の過程において、被害者が自己無価値感を感じるように、或いは自分を疑うように仕向け、徹底して価値を下げるメッセージ(言語・非言語)を送ってきたり、悪い嘘の噂を流布して社会的評価を低下させて、被害者の価値を下げようとすることがあります。最悪、被害者は気が狂ってしまうことがあります。気が狂わなくても、自信を喪失したり、自己無価値感で苦しむ場合もあります。それだけ見ればマイナスです。こうした不健全な他己評価によって深刻な心理的なダメージを負ったままならマイナスです。しかし、自分がどのように傷つけられていったのか、細部まで見て、深く理解をして、加害者の手口も熟知したら、それは大きな成長に繋がります。「他人からの不健全な評価」にある様々な手口を知ることで、理解力、洞察力、判断力、抵抗力、状況把握力などを上げていくことも可能です。

次の2つの引用文をお読み下さい。

心理学者のマーサ・スタウト(英語版)は、ソシオパスはよくガスライティングの手法を使うと述べている。1引用文献:ガスライティング – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0)

特に女性に関して言うと、ヒルデ・リンデマン(英語版)は「ガスライティングの場合、それに抵抗する能力は、自分の判断力を信頼する能力に負っている」と述べている[17]。加害者に抵抗する「別の解釈」を打ち立てることは、「通常の自由な心の働き」を取り戻す、あるいは初めて手に入れることの助けになるかもしれない。2引用文献:ガスライティング – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0)

ソシオパス(サイコパスもガスライティングを使う)などの強敵がガスライティングをよく使います。そんな強敵からガスライティングが目的での評価を受け続けるということは深刻なダメージに繋がりかねません。それに対して把握し、抵抗し、洞察し、理解し、判断して、その上で問題解決していくと、問題解決力も上がりますし、自己信頼も深まります。このように、不健全な他己評価を自己成長へと繋げていくことも可能です。他人からの不健全な評価は気にしない方が良いけど、敢えて気にして自己成長に繋げるのも1つのやり方です。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:ガスライティング – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0)
  • 2
    引用文献:ガスライティング – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0)
掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

本記事を読んで、疑問や質問があれば「質問箱」からお気軽に送信して下さい。記事投稿(このサイトに回答記事を投稿)にて回答させていただきます。

この記事のレビュー(一覧)

0.0
星5つのうち0.0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。


このサイト全体のレビューを読む(みんなのコメントあり)

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

本記事でお伝えした考えについて、あなたの意見や洞察をお聞かせください。あなたの考えを共有することは(例えばここにレビュー投稿することも)、自己理解と自己表現のための重要なステップであり、アウトプットの習慣を形成するのに役立ちます。さらに、あなたの意見は他の読者にとっても有益な参考資料となり得ます。

記事を読んだ後、あなたのフィードバックをいただけると幸いです。あなたの見解、感想、学び、そしてこの記事があなたの考えや感情にどのように影響を与えたかをお聞かせください。あなたのアウトプットは、他人が自己理解の旅を進めるための重要な資源となります。

アウトプットの癖をつけていきましょう! 自己理解と自己成長の旅を一緒に進めていきましょう。

レビュー本文に質問を入力することは可能ですが、こちらからの返信に対してのあなたからの返信は不可になります(一往復)。僕が回答した後の追加の返信はできません。つまり、一つの質問に対して一つの回答しかされない、ということです。それを理解した上でご質問があれば投稿して下さい。

※購入者の方は、必ずログインをしてレビュー投稿して下さい。商品に対してのレビューの場合、購入者であることを確認出来ない場合、非掲載とさせていただきます。

サヨナラ・モンスターを購入する

サヨナラ・モンスターを購入する
ご訪問者さま、

僕は常に、自分自身や周りの人たちを成長させるために新しいことを模索しています。しかし、時には僕自身が抱える問題が、僕自身の邪魔をしてしまうことがあります。それが「モンスター(心の深い部分にある纏まり)」です。

モンスターは、僕たち人間の内面に潜む、さまざまなネガティブな感情や思考を含めた心の情報の纏まりのことを指します。これらのモンスターが僕たち人間の人生を無意識のうちに支配することがあるかもしれませんが、僕はそれを変えることができます。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自分自身のモンスターと向き合い、それらを克服するための方法を提供するセルフヘルプ教材です。この教材を通じて、あなたは自己啓発や心の知識を深め、自己成長に向けたプロセスを開始することができます。

この教材は、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめています。色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人、誰も頼ることが出来るない人に試してもらいたい方法です。自分の心を救う王道、それはセルフヘルプです。

誰も頼れないという人ほど心の傷が深いです。深いからこそ「心的外傷後成長(PTG)」も大きいのです。あなたはダメなんかじゃないのです。これから大きく変わっていく素晴らしい人なのです。あなたが自分自身を理解し、自分自身と向き合い、そして克服することをPDFファイルと付属ツールで手助けします。この教材によって、あなたはモンスターに支配されることなく、自分自身を取り戻し、人生を自由に生きることができるようになるでしょう。

セルフヘルプという性質上、僕から購入者さまに直接働きかけることはしませんが、いただいた質問メールなどには必ずご返信をさせていただいておりますので、わからないことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

「サヨナラ・モンスター」は、あなたが自己成長や克服を目指すために必要な情報を提供します。このセルフヘルプ教材を手に取り、あなた自身のモンスターと向き合い、人生を変える第一歩を踏み出してください。

今すぐ6年間もの集大成とも言える情報を詰め込んだ「サヨナラ・モンスター」を手に入れて、自分自身を変える旅を始めましょう。

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

サイト内検索