独裁国家のような家庭で育ったけど「ありがとう」と思うように心が変化している

この記事を書いた人の保有資格

アンガーコントロールスペシャリスト メンタルケア心理士 うつ病アドバイザー
独裁国家のような家庭で育ったけど「ありがとう」と思うように心が変化している

今回は、過去の苦しみを転換させるために書きたいと思います。

振り返ってみると自分の人生「楽しい」という気持ちになれず、
嫌なことが多かった。
拠点である家庭、家族間がずっと嫌なものだった。
戦時中のような空気で、一切の気持ちが理解されず無視され責められて育った。

これは経験していない人には感覚はわからないと思う。
心が死んでいく・・・そんな感じです。

兄弟の悪事が隠蔽され俺が悪者にされ続け、
楽しい感情がまったく出なくなり、
笑顔も出なくなり、
死のことばかり考えるようになり、
「笑顔がない」と兄弟からは責められ、
親からは「弱いことはだめ」だと責められ、
生きていることが嫌になった。
家族や家庭、これは「冷たい悲しみ」だった。

この「冷たい悲しみ」をずっと考えたり、
感じたり、向き合ったりしてきました。

そこからわかってきたことがあるんです。
「この冷たい悲しみは俺のものじゃない」と。

じゃあ誰のもの?

「親」が抱えていた感情、
それが「冷たい悲しみ」だったのです。
「冷たい」を「深い」に置き換えても良いかな。

親と子は、感情を共有している場合があります。

この深い悲しみは、親の悲しみだったのです。
(後に、話し合いをして確認した)

苦しんで、悲しんで、深さを知ると、
少しずつ、親の苦しみや悲しみがわかってきたんです。

俺は子供の視点で親を見て不平不満を言っていた部分もあった。
自分が成長してくると、子供の視点ではなく、
親を一人の人間として見れる一対一の人間としての視点で見れたんです。

その視点では、それまでとは全く違った世界があったのです。
独裁国家を家庭に築いた親の、恐怖、悲しみ、弱さ、そんな中での家族愛。

色々、気づきました。
俺の場合だけど、子供の視点で見れば悪魔に見えることがある。
だけど、どんな人にも心はある。良心もある。
それに気づくか気づかないかは自分次第なのです。

「深い悲しみ」を「雨」で流してほしいな。
突然この歌を聴きたくなった。

雨の後には晴れが来る
雨降って地固まる

悲しみの喩えである雨は、
心が晴れて、強くなっていけるのだと思うな。

俺は、少し、成長した視点を手に入れた。
強くなったのです。支配されない自分ということ。

過去は確かに辛く、苦しかった。
心が死んでいく過程をジワジワと味わったことも悲しかった。
笑えず、重度のうつだったかもしれない。
そんな時に笑えないことを責められたり、
やってもないことをやったと扱われ続け、怒りが爆発したこともあった。
それさえも巧みに封じられた後は、心が死んでいく感じだった。

そして心は落ちていった。
そして底に落ちて、わかったことが「自分が自分の親になればいい」と、
わかったのです。

「大丈夫、笑えないというありのままの自分を大切にしていいんだよ」
「どんな自分の感情も大切な感情、自己嫌悪も、自己否定もしなくていい」

自分にこう伝えてた。

自分よりも家族のことを考えることが大切だという空気が強かった中育ったので、
俺にとっては「自分を大切にする」=「死に値するくらいのこと」だったから、
自分を大切にするってすごく難しかった。

少しずつ自分を大切にすることが出来るように成り、
親を許すことが出来るようになってきた。
もちろん、許す必要がないこともある。

自分は自分、家族であっても全く別の人間。
だから相手のことも認め、合わない者からは離れればいい。

そして「区別」「尊重」が手に入る。

つまり、俺は一連の流れを通して、
大事なことを学んできていたのです。

過去の苦しみは1回で消えるもんじゃないけど、
こうして書き出していくことで、ゆっくり、少しずつ、変化していることがわかる。

独裁国家のような家庭ではあったけど、
そんな中でも、1人の人間(親)が一生懸命だったことは、今はよくわかる。

「ありがとう」。

掲載している体験談はあくまでも個人の感想です。

みんな、この方法で変わっています!

みんな、この方法で変わっています!
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

寄稿者情報

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@sayonara-monster.com